2021年05月13日

都内新規感染の6割が30代以下

感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異型が猛威をふるい、首都圏では新規感染者に占める若年層の割合が増えているようです

 東京都内では、新規感染者に占める30歳代以下の割合は、今年1月下旬〜3月は50%未満だったが、4月に入ると50%を超え、同13〜19日には59%に増加。5月も高止まりが続いている。

 都内で12日に確認された新規感染者969人のうち、30歳代以下が6割近くに当たる568人を占めた。小池百合子都知事は、「(若年層は)活動量が多い分、広がりを見せている」と危機感を示した。

 国島広之・聖マリアンナ医科大教授(感染症学)によると、変異ウイルス流行後の4〜5月は同病院でも重症患者の平均年齢が下がっているといい、「若い世代でも重症化する恐れがある。人と会う機会を減らし、屋外であっても油断せず、人と会話をする場合はマスクを外さないでほしい」と呼びかけている。
posted by かーくん at 07:51| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

15道県で感染最多

新型コロナウイルスの感染者は8日、全国で新たに7247人確認された。全国の感染者が7000人を超えたのは1月16日(7041人)以来。15道県で1日当たりの新規感染者が過去最多となっており、大都市圏から地方への感染の広がりが鮮明になっている

 死者は86人増えて1万859人となった。重症者は1131人で前日と変わらなかった。東京都の感染者は1121人で、1月22日(1184人)以来、1100人を超えた。大阪府は1021人で、死者は新たに41人確認された。

 1日当たりの感染者が過去最多を更新したのは、北海道403人▽群馬113人▽新潟50人▽石川80人▽愛知575人▽滋賀74人▽岡山189人▽広島182人▽香川78人▽福岡519人▽佐賀76人▽長崎65人▽熊本111人▽大分93人――の14道県。福島県は71人で7日に並び過去最多。政府は緊急事態宣言の延長や「まん延防止等重点措置」の対象地域拡大を決定しているが、それらの対象外でも感染が急増している。

 千葉、兵庫、高知、福岡、熊本の5県で過去の感染者の取り下げがあった
posted by かーくん at 08:27| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月30日

補償ない観光業界

旅行代理店にとって稼ぎ時のはずの「大型連休」。しかし、新型コロナウイルスの影響でキャンセルが。観光業には国からの補償金などがなく資金面でも厳しい状況が続いているといいます

「2月の中頃からゴールデンウィークの予約が入るのでゴールデンウィークの特設コーナーを作っていたが、3月に入ってから通常のコーナーに戻しました」(シティツアーズ営業本部長 日比秀平さん)

 本来であれば大型連休は稼ぎ時ですが…

「去年はゴールデンウイークの旅行はほとんどゼロだったので、2019年度比で10パーセント以下になっている」(シティツアーズ営業本部長 日比秀平さん)

 さらに、今月に入ってから予約のキャンセルが相次いでいるといいます。

「約300件くらい。お客さんも楽しみにして予約したのに、キャンセルになってしまったのは残念でしかたがない」(シティツアーズ営業本部長 日比秀平さん)

 観光業には国からの補償金などがなく資金面でも厳しい状況が続いているといいます。

 「GOTOトラベルの恩恵を受けたのは去年11月だけだった。その去年11月もおととしと比べ50パーセントの売り上げがいいところで、あとは惨憺たる結果。売り上げの大多数を占める海外旅行がないのは非常に苦しい状況」
posted by かーくん at 07:28| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする