2020年04月02日

中居 キスマイ藤ヶ谷

「ジャニーズ最後の日、中居さんは事務所に挨拶に行く予定です。約2年半前、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが退所する際、3人も最終日に事務所へ挨拶に行っていました。中居さんはこのとき3人と直接会うことはありませんでしたが、スタッフにねぎらいの贈り物を託したといいます。30年以上、お世話になった事務所ですから“けじめをつけたい”と話していました」

入所から34年、3月末でジャニーズ事務所を退所した中居正広(47)。2月21日に行われた退所会見で中居は、滝沢秀明副社長(38)に頼んで手に入れた、芸能界の父・故ジャニー喜多川さん(享年87)の遺骨をポケットから取り出し、披露していた。

「中居さんのテレビのレギュラー番組6本は独立後も継続します。“順風満帆な再出発”に映りますが、彼がいちばん心配しているのは、かわいがっていた後輩たちの今後です。その代表的な存在が、Kis-My-Ft2でしょう。本人は『これからも指導していく』とは言っていますが、やはり独立後は、直接関わる機会は少なくなるでしょう」(別の音楽関係者)

中居は'13年、キスマイの後列メンバーである横尾渉(33)、宮田俊哉(31)、二階堂高嗣(29)、千賀健永(29)の4人を「舞祭組」としてプロデュース。CDデビューさせ、週間売上げ1位も記録した。

「玉森裕太さん(30)、藤ヶ谷太輔さん(32)、北山宏光さん(34)の前列3人に比べ目立たなかった彼らに『ブサイク』というユニット名を考えたのは中居さんの“親心”でしたが、これに漢字を当てたのはジャニーさん自身です。ジャニーさんとの共同作業の思い出もありますし、思い入れが強いからこそ、中居さんはキスマイのメンバーだけには事前に退所を打ち明けていました。中居さんは彼らが出るテレビはほとんど目を通していますし、気づいたことがあればアドバイスもしている。それだけ特別な後輩なんです」(テレビ局関係者)

自分が退所した後も“さらに成長してほしい”という思いを日々強くしていたという。

「昨年末、中居さんは『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で共演する笑福亭鶴瓶さん(68)から『最近、藤ヶ谷とよく会ってるよ』と言われ、非常に喜んでいたそうです」(制作関係者)

去年8月、鶴瓶が司会の『A-Studio』(TBS系)に藤ヶ谷がゲスト出演。それ以降、藤ヶ谷が鶴瓶の独演会に出向いたり、鶴瓶が藤ヶ谷の舞台に足を運んだり、私的な交流が始まったという。

「あるとき、鶴瓶さんと藤ヶ谷さんの話題になった際、中居さんは『あいつのこと、使ってやって!』と鶴瓶さんに頼み込んでいたそうです。ふだん、中居さんはそういうことを言わない方だったので、鶴瓶さんも内心驚いていたといいます」(前出・制作関係者)

“鶴瓶へのお願い”が功を奏したのだろうか。今年4月から『A-Studio+』に藤ヶ谷のレギュラー出演が決定した。

「4月から12年目を迎えるこの長寿番組の共演者は歴代11人、すべて女性でした。最終的に藤ヶ谷さんを抜擢したのは制作サイドの判断ですが、鶴瓶さんの意向が大きかったといいます。中居さんとしては、鶴瓶さんへのお願いは、タレント育成に人生をささげたジャニーさんへの“最後の恩返し”の意味もあったのでしょうか」(前出・制作関係者)

当の藤ヶ谷は中居を“芸能界の師”と仰いでいる。3月21日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)でこう熱く語っている。

「(中居と)食事をご一緒させていただいたとき、いろいろなアドバイスをいただいたんですけど、印象的だったのが『3かきをしろ』って言葉で。『汗をかいて、恥をかいて、ベソをかかなきゃダメだ。じゃないと、感動するものは生まれないよ』ということなんです」

中居がジャニーさんから教わった芸能界の心得は、愛する後輩の心に深く刻まれていたのだ。

「女性自身」2020年4月14日号 掲載
posted by かーくん at 09:24| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

小雪

都内の桜も満開を迎えた3月下旬。ランチどきの繁華街を歩くのは小雪(43)だった。長い黒髪を束ね、マスク姿の小雪はブランドショップに入店。子供服売場で店員と談笑しながら、ワンピースやトップスを品定め。3人の子供たちのために、春服を買いに来たようだった

「実は2月末で小雪さんは個人事務所が提携していたエイベックスを退社。3月から新たなスタートを切っているんです」(小雪の知人)

今春、中居正広(47)、米倉涼子(44)など、有名芸能人の約30年も所属した事務所からの独立が相次いでいる。小雪も約13年間、苦楽を共にした事務所を離れる決断をしたことになる。その背景には、小雪の“スローライフ志向”があるという。

「小雪さんと夫・松山ケンイチさん(35)は最近、自然豊かな土地でのスローライフに強い関心があるそうで、雪深い地域に別宅を持っていると聞いています。もちろん2人とも俳優業を続けていきますが、将来的に本格移住も考えているといいます。現在8歳の長男、7歳の長女、4歳の次男の3人の子供たちの子育てという点でも、田舎暮らしのほうが最適なのではないか、と。今回、小雪さんが大手事務所を離れたのも、将来を見据え、もっと自由に仕事を調整できる準備の一環だったようです」(前出の知人)

小雪は昨年12月、映画の完成披露試写会に出席した際、最近の家族のライフスタイルについてこう語っている。

「今年から半分田舎生活というのを始めています。自分たちの生活の中に食べるものや生き方も含め、ゴミを捨てないように生きるとか、そういうことがどういうことか体験できるように、地方で半年住む生活を始めたところです」

その地で畑仕事をして自作の野菜を食べ、鳥も飼っているという。松山もここ数年は農業について勉強していたという。'18年3月の『Numero』のWEBインタビューで「自給自足の生活と俳優業を両立するのが理想?」と聞かれ、「その二つは真逆なんですよ。俳優の仕事はすごく人工的だから、(両立することで)バランスが取れると思う」と答えていた。

「彼女の育児ポリシーは『子供にとって学校だけがすべてじゃない。どういう時間の過ごし方をするかが大事』。小学校は公立に通わせています。彼女のお母さんが自然食志向で、その影響も受けたとか。“田舎暮らし生活”経験が、子供たちの未来に役立つと体感しているのだと思います」(前出の知人)

小雪の独立は今後の“スローライフ生活”の決意表明なのだろう。
ラベル:小雪
posted by かーくん at 09:20| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

秋山莉奈

タレントで元グラビアイドルの秋山莉奈(34)が26日、自身のブログを更新し、第2子妊娠を報告したようです

 秋山は「このような時期に私事で恐縮ですがこの度、待望の第二子を授かりました」と伝え「体調がなかなかすぐれず、ご報告が遅れましたが6月出産予定です!」と報告。「今は元気な胎動を感じながら長男との時間を大切に、残りの妊婦生活ものんびり過ごしていきたいと思っております。今後とも宜しくお願い致します」と呼びかけている。

 秋山は、チャームポイントのヒップを武器に「オシリーナ」のニックネームで活躍。2001年、テレビ朝日系特撮テレビドラマ『仮面ライダーアギト』でヒロイン・風谷真魚役を務め人気を博す。2015年にボートレーサーの後藤翔之(34)と結婚。16年2月に第1子となる男児を出産した。
ラベル:秋山莉奈
posted by かーくん at 10:50| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする