2020年04月19日

赤江珠緒アナ

フリーアナウンサーの赤江珠緒(45)が18日、新型コロナウイルスに感染したことを公表した。夫でテレビ朝日「報道ステーション」の40代スタッフの感染が15日に判明していた。一方で、2歳8カ月の愛娘は陰性。現在は自宅で療養中だが、3人家族の赤江としては夫婦が感染した場合に「誰が子供の面倒を見るのか」と懸念を示していた

 赤江は18日、パーソナリティーを務める「赤江珠緒 たまむすび」(月〜木曜後1・00)を放送するTBSラジオを通じて新型コロナ感染を発表した。同局の公式サイトに「PCR検査結果が出ましたので、ご報告いたします。赤江珠緒本人は新型コロナウイルス“陽性”。娘は“陰性”でした」と本人による文書が掲載された。

 発症は15日。夫の感染が「報道ステーション」で発表されたのが同日で、翌16日に赤江が「たまむすび」にコメントを寄せ、夫の感染を改めて自身の言葉で公表していた。

 赤江が同番組に通常通りスタジオ出演したのは9日が最後。放送のない金、土、日曜を挟み、週明けの13日は電話で生出演。「夫の職場で陽性反応が出て、週末に夫も体調を崩した。私たちも怪しい状況なので、家全体で社会生活を止めた方がいいという判断になった」と明かしていた。夫と同じ職場の報ステの富川悠太アナウンサー(43)は11日に陽性が判明し、12日に感染が発表されている。TBSラジオによると、赤江の番組共演者や制作スタッフに濃厚接触者はいないという。

 赤江が恐れていたことが現実となった。夫婦が陽性で、2歳8カ月の娘だけが陰性。16日に「たまむすび」に寄せたコメントで、感染者を家族に持つ身として気付いたことを6項目挙げ、そのうちの1つが「親が共倒れになった場合の子供の面倒は誰がみるのか?」という懸念だった。

 この日の文書では「今のところ自宅で療養中です」とした。しかし、あくまで「今のところ」。夫婦ともに入院となる可能性もあるだけに、幼子を持つ親として今後も大きな不安がつきまといそうだ。

 13日には「何の症状もない。変わらず元気に、のんきにやっている」と明かしていた赤江。文書に自身の体調に関する記載はなかったが「回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話しできたらと思っております」と前向きにつづった。

 ◆赤江 珠緒(あかえ・たまお)1975年(昭50)1月9日生まれ、兵庫県出身の45歳。神戸女学院大卒。97年に朝日放送に入社。03年に東京支社に転勤し、テレビ朝日「スーパーモーニング」の司会を担当。07年にフリーに転身し、11年から同局「モーニングバード!」で羽鳥慎一と総合司会に。「たまむすび」は12年にスタート。08年に3歳年上の夫と結婚。17年7月に第1子女児が誕生。血液型B。
ラベル:赤江珠緒アナ
posted by かーくん at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

安倍首相 星野源

シンガー・ソングライターで俳優の星野源(39)が12日深夜、インスタグラムのストーリーズを更新し、安倍晋三首相が「うちで踊ろう」とともにくつろぐ様子をツイッターにアップしたことについてコメントしたようです

この日、安倍首相が同曲を流しながら、自宅ソファで愛犬のミニチュアダックスフントのロイを抱く姿や、カップ片手にくつろぐ様子を公開し、賛否両論が上がっていた。

星野は「ひとつだけ。安倍晋三さんが上げられた“うちで踊ろう”の動画ですが、これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません」と報告。「#うちで踊ろう」などのハッシュタグをつけながら「この画像、リポストやツイート等はして頂いて構いません」とした。

同曲は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、星野が「家でじっとしていたらこんな曲ができました。誰かこの動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と呼びかけ、大泉洋や高畑充希らがさまざまな形で“コラボ”し、話題を集めていた。
posted by かーくん at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

野ブタ。をプロデュース 特別編

 4月11日と18日に、2005年10月期に日本テレビ系で放送されたドラマ『野ブタ。をプロデュース』の特別編が放送されるようです

 本作は、亀梨和也と山下智久が演じる高校2年生の修二と彰が、堀北真希演じるイジメられっ子の転校生・小谷信子、通称「野ブタ」を、クラスの人気者にプロデュースしていくさまを描いた青春シンデレラ・ストーリー。

 亀梨と山下によるユニット“修二と彰”が歌う主題歌「青春アミーゴ」がその年の年間オリコンシングルチャート1位を獲得するなど、数々の話題を集めた本作。その魅力を凝縮した特別編として、2話に渡って放送される。

 今から15年も前に放送された大ヒットドラマということもあり、情報が発表されるとSNSをはじめ各所で大きな話題となった。ジャニーズグループに関連したコラムを数多く担当している芸能ライターの佐藤結衣氏に、今回の再放送の楽しみ方を聞いた。

「『野ブタ。をプロデュース』は、亀梨和也さんと山下智久さん、堀北真希さんの出世作だったと思います。“野ブタ”がプロデュースされて人気者になっていくというストーリーも、まだ原石だった3人が世間に知られていく現実とリンクしていて、今で言うYouTubeのような、これから輝いていく人たちを見つけた面白さがありました。ある意味、視聴者参加型のドラマに近かったのかなと思います。これから輝いていく段階の堀北さんに視聴者も感情移入しやすく、誰かに見つけてもらいたいというヒロイン願望をくすぐる設定だったのではないでしょうか。また、人気者になるという結果そのものよりも、それを一緒に応援して、楽しむプロセスこそが幸せだというストーリーも、彼らを応援していこうというファンを肯定するもの。ドラマのテーマも、視聴者の想いと重なるものだった。そんなストーリー展開と現実世界とのリンクが、ヒットの要因として大きくあったのかなと思います」

 さらに佐藤氏は、亀梨と山下のコンビ感の絶妙さにヒットの要因があったと振り返る。

「少し斜に構えているけど正当な人気者の修二と、チャラくて一筋縄では行かない彰という、わかりやすくタイプの違うイケメン2人組というのも良かったです。白岩玄さんによる原作小説では、野ブタは男子高校生で、彰のキャラクターは存在しないドラマオリジナルキャラクターでした。さらには、バッドエンドの小説のラストを学園ドラマらしく希望を持てる終わり方に変更したという改変も施しています。イケメンコンビを構築することで、視聴者が『私はどっち派』と言える楽しみ方もあるし、理想の人気者の女の子をプロデュースするということは、彼らが思い描いている素敵な女の子を投影するという一面もあり、胸キュンポイントがてんこ盛りになるように作り直したのも人気の秘訣ですね」

 本作の主題歌「青春アミーゴ」を大ヒットさせた、亀梨と山下の2人は、国民的知名度を獲得した。そして2017年に放送された『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)では、亀梨と山下が再共演を果たし、「亀と山P」名義で主題歌「背中越しのチャンス」を担当した。

「亀梨さんと山下さんはのちのテレビ番組で、当時は反抗期だったと振り返っています。山下さんに至っては、監督の言うことを一切聞かず、彰の役柄は、本来意図されていたキャラクターとは全然違うものになっていたと明かしていました。放送当時は、彼らの良いところが全面に押し出されていましたが、彼らも成長し今のポジションを確立したことで、その裏話が少しずつ出されてきたんです。何年か経って『今だから言える』が続いてきて、2020年に亀と山Pとしてアルバムを発売し再始動するタイミングなので、改めて『野ブタ。をプロデュース』は長く愛されてきたドラマなんだなと感じます」

 日本テレビの土曜ドラマ枠では、2005年に『ごくせん』『女王の教室』と大きく話題になった学園ドラマが放送された。佐藤氏は続ける。

「『女王の教室』『ごくせん』と学園ドラマをヒットさせていた流れで、本作が放送されたのも大きかった。学園ドラマというと、『金八先生』(TBS系)に代表されるような社会派路線の作品が多くありましたが、学園ラブコメのような作品は『花より男子』(TBS系)をはじめ、ジャニーズがけん引してきたところがありました。当時は、小中高生の女の子がみんなで共有して観るべき作品という空気感が、『野ブタ。をプロデュース』にはありました」

 最後に佐藤氏は、2020年に再放送されることで当時とは違う楽しみ方ができると指摘する。

「放送当時から15年が経過しており、当時リアルタイムで楽しんでいた世代の中には結婚して、小学生の女の子を持つ方も多くいらっしゃいます。そういった女性が子どもと一緒に2世代で楽しめるドラマになっているのは、当時とはまた違った面白さですよね。娘世代にとっては、前情報がない状態で観れると思うし、今のジャニーズなら修二と彰を誰がやってほしいかという話でも盛り上がれる。主題歌の「青春アミーゴ」はSexyZoneの中島健人さんと菊池風磨さんをはじめ、ジャニーズの後輩によって歌い継がれているんです。放送延期になってしまいましたが、ちょうど同じ土曜ドラマ枠で放送される『未満警察 ミッドナイトランナー』の中島さんと平野紫耀(King & Prince)のように、次世代の修二と彰を探す見方をしてみても面白いのではないでしょうか」
posted by かーくん at 09:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする