2019年08月25日

タイタニック 10のトリビア

映画『タイタニック』が公開されてから、早20年以上。当時若手だった主演俳優たちも今やすっかり大御所に。
ありとあらゆる制作秘話が語られ、今も愛されている『タイタニック』だけど、実は知られていない事実がまだまだある模様。
コスモポリタン アメリカ版が、そんな『タイタニック』に関する、あまり知られていない10のトリビアをまとめたそうです

ケイトは初対面のときに、レオの前で脱いだ!?
ケイトとレオがローズとジャックとして最初に撮影したシーンは、なんとローズがジャックのヌードモデルをするシーン。レオの戸惑った顔は演技じゃなく本当だったのかもしれない。

スミス船長役はロバート・デ・ニーロの予定だった
実は当初スミス船長の役をオファーされていたのはロバート・デ・ニーロでしたが、病気のためにオファーを断ったのだとか。


ローズ役の候補の中にグウィネス・パルトロウがいた
ローズ役には複数の女優が候補に挙がっていたけど、その中の1人はグウィネス・パルトロウだったのだそう。それ以外にもジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、クレア・デインズ、アンジェリーナ・ジョリー、ニコール・キッドマン、ユマ・サーマン、シャーリーズ・セロン、リース・ウィザースプーンなど、錚々たる顔ぶれが揃っていたのだとか。


マシュー・マコノヒーがジャック役の有力候補だった
ジャック役として製作会社の一押しだったのが、実はマシュー・マコノヒー。が、キャメロン監督はレオを主役にと主張し続けたのだそう。クリスチャン・ベールの当時の広報担当によれば、彼もオーディションを受けた1人だったんだとか。他にもジョニー・デップ、ブラッド・ピット、マコーレー・カルキンの名前が挙がっていたそう。


ピアース・ブロスナンがキャル役の候補だった
ローズの婚約者で、世の中金ですべて解決できる、と思っている嫌な男キャルを演じたのはビリー・ゼイン。この役にはピアース・ブロスナンの他、ロブ・ロウ、ピーター・グリーン、そしてルパート・エヴェレットも候補に挙がっていたのだとか。

タイタニック沈没時の水の冷たさは「数千のナイフで刺されたよう」
ローズとジャックが初めて出会うシーンで、船から飛び降りようとするローズに対し、ジャックが氷った湖で釣りをして、水に落ちた時の事を「数千のナイフで全身を刺されたようだった」と形容しているけど、実はこのセリフは実際のタイタニック沈没事故の生存者が語った「北大西洋の水の冷たさ」を表現したコメントからとったのだそう。

ローズがジャックを探して、沈みゆく船内を駆け回るシーンで使われた水は、本物の大西洋の海水だったんだとか。ローズがジャックを救うために水に飛び込むシーンのリアクションは、演技ではなかったらしい。


ケイトは水中シーンの撮影で肺炎に
ケイトは、水中での撮影では衣装の下にウェットスーツを着るよう提案されていたけれど、それを拒否。結局このシーンの撮影が元で肺炎にかかってしまったのだそう。


実はジャックは死ななくて済んだ?
最後の漂流シーン。今も「ジャックとローズ2人ともドアに乗れたのではないか」というのが議論の的になっているけれど、ある番組が検証テストをしたとき、2人とも乗れてしまったのだそう。が、キャメロン監督曰く、「ストーリーの流れではジャックは死ぬ必要があった。それにドアの大きさの問題ではなく、浮力の問題だ」とコメント。


公開期間が延長されすぎて、公開終了よりビデオが先に出ることに
映画があまりにもヒットし、公開期間が予定よりもずっと長くなった『タイタニック』。あまりにも延長されすぎたため、ビデオが発売された時点でも、まだ劇場で公開されている、という異例の事態に。

※この翻訳は、抄訳です。
posted by かーくん at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

工藤静香

この1ヵ月、激動だったのが、ジャニーズ事務所だ。

先月9日には、社長であるジャニー喜多川さんがくも膜下出血で急死。その矢先に今度は公正取引委員会がジャニーズ事務所に対し、テレビ局へ圧力をかけた疑いで注意処分を課したことが明らかになった

ジャニーさんという精神的支柱を失ったことで、憶測記事も乱れ飛んだ。後継指名された滝沢秀明氏と次期社長の藤島ジュリー景子氏の“確執”。「TOKIO」長瀬智也や「関ジャニ∞」錦戸亮、大倉忠義の退所も一部で報じられた。

これほどのネガティブ材料が世に出ることはジャニーズ始まって以来。やはりジャニーさんを失ったことが大きいと見る向きもある。スポーツ紙記者の話。

「ジャニーズの名物広報担当者はそうした記事が出るたびに、各媒体の担当者に電話していますが、現状止まる気配はありません。ジャニーズの内部崩壊を狙う業界勢力が、あの手この手で揺さぶりをかけているのかもしれません」

そんな中、キーマンと目されているのが、元SMAPの木村拓哉…ではなく、妻の工藤静香だという。

木村は16年に勃発したSMAPの解散騒動で、当初はチーフマネジャーの飯島三智氏に付き従うつもりだったが、土壇場で翻意しジャニーズ残留を決めた。結果、SMAPは「木村とそれ以外」で割れ、解散。当時を知る芸能プロ関係者は、次のように語る。

「木村をジャニーズに留めたのは妻の工藤静香と言われています。木村は二女の父でもある。子供たちの将来や今後の生活について妻から説得されたようです」

ジャニーズの最高権力者で、ちょっとやそっとのことでは動じないメリー喜多川副社長も、この時ばかりは木村の残留に大喜びだったという。

「そりゃあ、天下分け目の一大決戦でしたからね。下野した飯島女史はジャニーズを辞め、一度は芸能界を離れました。あの時、SMAPがごっそり抜けていたら、ジャニーズ事務所も今ごろどうなっていたかわからない。それほど木村の残留交渉は勝負の際でした。株を上げたのは静香で、メリーさんは『一生面倒みる』と宣言していたそうです」(同・芸能プロ関係者)

静香はメリーさんの信任も厚い上に、他事務所の社長とも堂々やりとりできる存在だ。解散騒動ではメリーさんと話す一方で、芸能界の重鎮と善後策を協議。テレビ局関係者によると、

「頭の回転が早く、バランス感覚に優れている。“姐さん”的な度胸もある。木村さんも『妻の言うことに従っていれば間違いない』と全幅の信頼を寄せている」

という。今後、ジャニーズ事務所が他勢力から切り崩し工作を受けた場合、静香の人脈と調整力が生きてくることは間違いなさそうだ。

「静香さんはトップスターである木村さんと結婚したことで、自身の芸能活動を制限してきた。そんな中、現在はインスタグラムを頻繁に更新し、ステージママとして娘のKōki,さんを売り出すことに成功。“これがやりたかったのか”と思うのと同時に、そうした環境を作り上げるために、ジャニーズ側についたのかと思ってしまう部分もありますね」(同・テレビ局関係者)

最近では木村のソロデビューの話も一部女性誌で報じられた。ここでも後押しするのは、妻の静香だ。

「娘のプロデュースだけでは物足りず、最近は夫のブランディングにまで口を挟むようになってきたそうです。飯島さんプロデュースで稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾の3人が『新しい地図』として再デビューしたのを見て、“負けず嫌い”に火が点いたのかもしれません。静香さんも飯島さんと過去、相当やり合っているそうですからね。木村さんがソロでCDデビューするのか、それとも別の誰かとユニットを組むのか。どちらにせよ、飯島陣営をライバル視していることだけは間違いありません」(前出・スポーツ紙記者)

ジャニーズ次期社長のジュリー氏も飯島氏とは何かと比較されてきた。誰が最も有能な“仕掛け人”なのか。女のプライドを賭けた闘いは熱を帯びる一方だ。
ラベル:工藤静香
posted by かーくん at 11:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD (特典映像ディスク&オリジナルTシャツ付き)

ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD (特典映像ディスク&オリジナルTシャツ付き)

posted by かーくん at 14:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする