2021年08月29日

長濱ねる

長濱ねるが、気になるニュースや映画『スウィング・キッズ』の魅力について、ハリー杉山と語った。

【画像】長濱ねる×上白石萌歌の対談記事はこちら!

トークが繰り広げられたのは、ふたりがナビゲーターを務める、J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』のワンコーナー「DOGA FOR YA!」。ここでは8月21日(土)のオンエアをテキストで紹介する。

スカーレット・ヨハンソンが男の子を出産!
まずは長濱が気になるニュースをピックアップ。『ブラック・ウィドウ』などでおなじみの俳優スカーレット・ヨハンソンが、夫コリン・ジョストとの第1子となる男の子を出産した。写真などはアップされていないが、「コスモ」と名付けたことを夫ジョストがInstagramで発表している。なお、ヨハンソンは元夫ロマン・ドリアックとの間に娘がおり、コスモはヨハンソンにとって第2子となる。

ハリー:おめでとうございます。
長濱:コスモ、素敵! ちなみにスカーレット・ヨハンソンのニュースがもうひとつありまして、なんと現在スペインで撮影中のウェス・アンダーソン監督の新作映画に出演するそうです。
ハリー:え、休みました?
長濱:出産後いつから仕事してるんだろう……。
ハリー:日本だと「このときにママになりました、ここぐらいから仕事を休みます」って事務所側から早い段階でステートメントが出たりするけど、ハリウッドセレブっていつ休んでるのかわかんないよね。
長濱:体型とかも全然変わらないから、すごいですよね。
ハリー:ベビーが生まれたあとのセレブのトレーニングをYouTubeで見たことがあるんだけど、とんでもないよ。
長濱:(スカーレット・ヨハンソンは)ウェス・アンダーソン監督のアニメ映画『犬ヶ島』で声優を務めていたんですけど、実写版に出演するのは初めてということで、ウェス・アンダーソン監督映画の常連組に加わるのを楽しみにしています。

ハリウッド俳優のギャラの一部が公開
ハリウッド俳優たちが近年参加した映画の契約金の一部が明かされた。ドウェイン・ジョンソンは映画『Red One(原題)』にて5000万ドル(約50億円)、ダニエル・クレイグはNetflixが続編2作の権利を獲得した映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』にて2作あわせて1億ドル(約110億円)、レオナルド・ディカプリオは映画『Don't Look Up(原題)』にて3000万ドル(約33億円)、トム・クルーズは『トップガン マーヴェリック』にて1300万ドル(約14億円)だそうだ。一定の興行成績を超えた時点で追加の報酬が支払われることもあるという。

長濱:Netflixオリジナルは私もけっこう観るんですけど、厳しいんですよ。シーズン1で全然完結していなくて、シーズン2に続くような終わり方をしていたのに、評価がよくないとスパンって(終わる)。
ハリー:Netflixはなかなかシビアですよね。
長濱:お金をかける分よくないのはどんどん捨てていくというか。

前半と後半で雰囲気が異なる作品
最後に、8月5日よりDVD/Blu-rayの販売と配信がスタートした韓国映画『スウィング・キッズ』を紹介した。

長濱:タップダンスとジャズがすごく大きな要素を占めた映画です。舞台は1951年朝鮮戦争中、最大規模の巨済島(コジェとう)捕虜収容所。アメリカから赴任してきた所長が、収容所の対外的イメージをアップさせるために、そこにいた戦争捕虜の方を集めてダンスチームを結成するというストーリーです。巨済島捕虜収容所は1951年2月末まで朝鮮人民軍の捕虜15万人、中国人捕虜2万人、最大17万1000人の捕虜が収容されていた場所で、そのなかで共産主義と資本主義の理念を持つ人たちによる戦いが引き起こされ、多くの死者を出した歴史がある場所です。

映画を観たリスナーからは「楽しい気持ちと悲しい気持ちが混ざり合いながら観ていました」「圧巻のタップダンスシーンにくぎ付け」などのメッセージが寄せられた。長濱も、映画の魅力やお気に入りのシーンについて語る。

長濱:映画は前半と後半で本当にガラっと雰囲気が変わるんですけど、最初のほうに私のおすすめシーンがあります。開始して28分、主人公のロ・ギスがタップの魅力にハマっていくところで、身の回りで鳴っている音が全部タップの音に聞こえるシーンがあるんですよ。タオルをパンパン叩く音や包丁の音。そのシーンのテンポ感やリズム、音楽が素晴らしくて、さすがだなと思いました。

タップにハマっていくファンタジーな前半とはうってかわって後半は実際の歴史がクローズアップされる。目を背けたくなるようなシーンもあるが、長濱は「余韻に浸るようなラストシーンだった」と振り返る。そして、「もうひとつ一押しのシーンがある」と続ける。

長濱:タップダンスチームには5人いて、主人公ロ・ギスと、アメリカ人でタップダンスを教えてくれるリーダーのジャクソン、4カ国語を操る通訳のヤン・パンネ、生き別れになった妻を探すカン・ビョンサム、中国共産軍捕虜のシャオパンです。1時間30分くらいに、カン・ビョンサムがいろいろあって落ち込んで「タップやらないかも」みたいなシーンがあるんですよ。そこで下を向いて涙がポタポタと流れ落ちる音がして、そこにタップのリズムが乗り始める。そのスマートさとテンポと熱がすごくよくて、私はそのシーンがいちばん好きだったので、ぜひ注目してほしいなと思います。
ハリー:この作品で、もうひとつ重要なのは「歴史」だと思うんだけど、北朝鮮と韓国と中国とアメリカを含めた当時の歴史をちょっと知ってから観たほうがいいかな。人種、戦争、文化、宗教の壁を越えられるのは音楽の力なんだなって僕は改めて感じましたね。

『POP OF THE WORLD』の「DOGA FOR YA!」では、話題の洋画や海外ドラマから毎週1作品をピックアップして紹介。その作品の魅力や、文化的背景について語る。放送は毎週土曜日7時5分頃から。
ラベル:長濱ねる
posted by かーくん at 08:32| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする