2021年08月05日

日本の総人口1億2665万人

総務省は4日、住民基本台帳に基づく今年1月1日現在の人口動態調査結果を発表した。国内の日本人と外国人を合わせた総人口は1億2665万4244人で、1月1日を基準とするようになった2014年以降、8年連続で減少した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入国制限の影響で、日本に転入した外国人は前年比で約55%減少。過去6年連続で増えていた外国人人口は減少に転じたようです

 日本人は前年より42万8617人(0・34%)少ない1億2384万2701人で、減少は12年連続。外国人は281万1543人で、総人口に占める割合は2・22%。日本から国外への転出者は前年のほぼ半分にとどまった。

 人口が増えた都道府県は5都県で、神奈川県=前年比0・12%増▽東京都=同0・06%増▽沖縄県=同0・27%増▽埼玉県=同0・05%増▽千葉県=同――だった。沖縄県は全都道府県で唯一、年間出生者数が死亡者数を上回った。一方、減少率が大きかったのは、秋田県=同1・40%減▽青森県=同1・23%減▽岩手県=1・16%減――など。

 東京圏・名古屋圏・関西圏の「3大都市圏」の総人口は6639万5732人で、調査項目に加わった13年以降で初めて減少した。日本人の人口は3年連続の減、外国人の人口は初めての減少となった。3大都市圏の人口が日本の総人口に占める割合は52・42%で、9年連続で50%を超えた。

 20年の1年間の日本人の出生者数は84万3321人で、調査項目に加わった1979年度以降で最少を更新した。全国1741市区町村(東京都特別区は1区として算入)中、出生者ゼロが3自治体あった。

 一方、総務省は6月、世帯ごとに調査する国勢調査(5年に1回実施)の速報値を発表しており、外国人を含む総人口(20年10月1日現在)は1億2622万6568人だった。人口動態調査との差について、同省は「転出届を出さずに転居した人がいたり、調査方法の違いがあったりして結果に差が生じた」と説明している。
posted by かーくん at 06:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする