2021年07月18日

感染拡大

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。17日の全国の感染者数は午後8時現在で新たに3886人が確認され、4日連続で3千人を超えた。首都圏・関西圏を中心に、北海道や鳥取県など地方でも感染ペースが加速し、「第5波」が日本列島に広がりつつある

 東京都は17日、4日連続の1千人超えとなる1410人の感染者を確認した。前週の10日と比べて460人増え、28日連続で前週の同じ曜日を上回った。17日までの1週間平均の新規感染者は「第3波」の1月27日以来の1千人台となる1012人で、前週の1・4倍に増えた。都の担当者は「現在の感染状況はとても危険な状況だと認識している」としている。

 神奈川県では539人の感染を確認し、2回目の緊急事態宣言が出ていた1月24日以来の500人台に。埼玉県は318人、千葉県は244人でともに4日連続で200人を上回った。北海道でも111人が確認され、6月12日(125人)以来の100人台となった。

 西日本でも拡大が続く。大阪府は17日、380人を確認し5日連続で200人を超えた。1週間前の10日(200人)から倍近く増加。兵庫県も122人が確認され、6月2日以来45日ぶりに100人台となった。

 鳥取県では29人の感染を確認。3月30日の20人を上回り、過去最多となった。平井伸治知事は17日に会見を開き、米子市や境港市など県西部を対象に県独自の「厳重警戒宣言」を出し、不要不急の外出自粛を呼びかけた。22日からの4連休を前に、飲食店に営業時間の短縮を求める方針。
ラベル:感染拡大
posted by かーくん at 08:33| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする