2021年06月17日

椎名桔平 原田知世

涼しい夜風が吹き始めた6月上旬の午後6時、港区のマンション前に一台の高級車が停まった。運転席にはベースボールキャップに半袖半ズボン姿の男。超大物俳優の椎名桔平(56)である。誰かを待っているのだろう。椎名はスマホをいじりながら、外をキョロキョロとしている。待ち人が現れたのは5分後のこと。エントランスから大きなスーツケースを転がしながら、ベージュのワンピースに身を包んだ可憐な美女が出てきた。

美女はまっすぐ椎名のへ近づいていく。マスクで隠れた顔をよく見てみると……、なんと女優の原田知世(53)ではないか!まるで10 代から“時をかけてきた”ような美貌と若々しさだ。

椎名は原田に気づくと、すぐさま車から飛び降り、原田を迎える。スーツ―ケースを受け取り、トランクに詰め込むと、原田を優しく助手席へとエスコートしたのである。

「椎名さんは売れるまで、長い下積み生活を送っていたのに対し、原田さんは14歳でのデビュー直後から大ブレイクした。椎名さんは下積み時代からずっと、原田さんのファンだったと明かしていました」(制作会社関係者)

2人を乗せた車は渋谷方面へ。40分後、ホルモン焼き店へと入った。店内では椎名が肉を焼き、原田の皿に取り分けていく。原田も舌鼓を打っていた。時折、互いに見合って笑い合う2人。それはまるで熟年夫婦の食卓を思わせる光景だった。

人生の酸いも甘いも経験して、ようやく出会った「運命の相手」。ゴールインの吉報を届く日も近いのかもしれない。

6月18日発売のフライデーでは2人が食事の後に向かった先と交際に至るまでの経緯をさらに詳しく報じている。
posted by かーくん at 09:02| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする