2021年04月30日

補償ない観光業界

旅行代理店にとって稼ぎ時のはずの「大型連休」。しかし、新型コロナウイルスの影響でキャンセルが。観光業には国からの補償金などがなく資金面でも厳しい状況が続いているといいます

「2月の中頃からゴールデンウィークの予約が入るのでゴールデンウィークの特設コーナーを作っていたが、3月に入ってから通常のコーナーに戻しました」(シティツアーズ営業本部長 日比秀平さん)

 本来であれば大型連休は稼ぎ時ですが…

「去年はゴールデンウイークの旅行はほとんどゼロだったので、2019年度比で10パーセント以下になっている」(シティツアーズ営業本部長 日比秀平さん)

 さらに、今月に入ってから予約のキャンセルが相次いでいるといいます。

「約300件くらい。お客さんも楽しみにして予約したのに、キャンセルになってしまったのは残念でしかたがない」(シティツアーズ営業本部長 日比秀平さん)

 観光業には国からの補償金などがなく資金面でも厳しい状況が続いているといいます。

 「GOTOトラベルの恩恵を受けたのは去年11月だけだった。その去年11月もおととしと比べ50パーセントの売り上げがいいところで、あとは惨憺たる結果。売り上げの大多数を占める海外旅行がないのは非常に苦しい状況」
posted by かーくん at 07:28| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする