2021年04月04日

中越典子

NHKの連続テレビ小説「こころ」(2003年)のヒロインを演じ、一躍、人気女優となった中越典子さん。40代を迎えた今も変わらぬフレッシュさで、ドラマや舞台に輝きを放っています。私生活では、14年に俳優の永井大さんと結婚、2児の母としても奮闘中。そんな中越さんに、ご家族への思い、コロナ禍での子育てについて聞きました

――11年前、中越さんにインタビューさせていただいたことがあります。その時、2人のお姉さんのご家庭が理想で、おいっ子・めいっ子たちが大好き、「子どもを連れて、ふるさとへ帰るような日が早く来ればいい」と話されていました。願っていた通りになりましたね。

 3人姉妹で、2人の姉にも、それぞれ3人の子がいました。そんな家庭に憧れていたんです。だけど、今は3歳の長男と2歳の長女という「年子」の子育てがとても大変で、「わが家は2人で十分」と感じています。

――長女が生まれたときに、お兄ちゃんはまだ1歳だったわけですからね。

 長女が生まれたばかりで、まだ3時間ごとに目覚めて泣いていたときは、お兄ちゃんも同時に起きてしまって、だっこをせがんできたり。でも、幸いなことに、長男はパパっ子だったので、夫が助けてくれました。

 今では、おもちゃの取り合いで兄妹げんかもするようになりました。娘はイヤイヤ期に入って、今が一番大変かもしれません。2人でパパの取り合いをしています。私は取り合ってくれません(笑)。

――新型コロナウイルスの感染拡大で、子育てで困ることもあるのでは?

 仕事もできない、保育園にも行けない、遊びにも行けない……。でも、私はあまり大変だとは思わなかった気がします。全くお仕事ができない時期もあり、家で子どもたちとずっといる時間が持てたのはとても貴重なことでした。もちろん、ストレスや疲れもあるけど、それを乗り越えていくのが家族ですよね。最近は、「子育ても修行だ」と思っています。

夫婦げんかの種は
――ご主人は家事・育児に積極的な方ですか。

 初めから、おむつ替えもミルクも寝かしつけも、よくやってくれていました。夫の父は空手を教えていた人で、子どもがたくさん集まっていたから、夫は幼い子と遊ぶのにも慣れているんです。家事もしてくれます。一般の家庭のように、朝、ゴミ袋を持って出勤しています。

 まめなんですね。よく気がつくし、気がついたらやらないと気がすまない。それが逆に、ちょっとしたけんかの種になることも、時にはありますね。私は私のルールで家事をしたい。彼には彼のルールがある。

 私は、朝5時に起きる日もあれば、7時のときもある。そういう緩いペースで過ごしたいんですけど、夫はきちっとしたいほうなんです。なので、私が洗濯をしようとしたときには、夫が先にすませていたりします。ありがたいことだけど、「私がしようと思ってたのに……」と、複雑な気持ちにもなります。

子どものころから「ぜんそく」と付き合い
撮影・小倉和徳

――4人家族の幸せそうな姿が目に浮かびます。

 ワンちゃんもいますよ。7歳になるグレーのミニチュアダックスフント。女の子です。名前は「テキーラ」といいます。

 風邪をひいて疲れがひどかったとき、美容院の帰りにペットショップで出会ったんです。抱っこしたら、もう離れられなくなりました。ところが、飼ってみたら、大変なことがわかって……。

――何でしょう?

 私は、子どものころからぜんそくがあるんですが、テキーラを飼った後に、犬のアレルギーもあることがわかったんです。

――ぜんそくは、いつごろから治療しているんですか。

 はっきりとはわからないんですが、苦しくなったとき、母におんぶされて、寝かしつけられていた記憶があります。もう小学生だったと思います。両親がいいお医者さんを探し、県境を越えて、福岡の柳川市まで通院していたこともありました。そこで注射をしてもらうんです。

 通院は大変ですけど、私はちょっとうれしかったんです。その時だけは、「母と2人っきりの時間」だったから。治療の後に、2人で中華料理店に入ったりして、そんなことがうれしかったのをおぼえています。

――その後、症状は治まったんですか。

 中高生のときは、長距離を走ったりすると苦しいかな……というくらいでだいぶ治ってはいました。ただ、東京に来て、大人になってから、風邪をひくと苦しくなることもありました。産後も症状がたまに出ているので、薬の吸入は、今も続けています。

 子どもたちに同じようなことがあってはいけないので、いつも部屋は念入りに掃除をしています。

――悪化のリスクがあっても、ワンちゃんと暮らしているんですね。

 一度、迎えたワンちゃんを手放すことなどできません。子どもたちはけんかして、犬はワンワンほえて、私は大声で「コラーッ!」と叫んでいる。そんなにぎやかな家庭です(笑)。

なかごし・のりこ
中越典子

 1979年生まれ。佐賀県出身。県立佐賀北高校在学中に雑誌モデルとしてデビュー。2003年、NHK連続テレビ小説「こころ」のオーディションに合格し、主演を果たした。その後、数多くのドラマや舞台で活躍。14年、ドラマ「サラリーマン金太郎2」で共演した俳優の永井大さんと結婚し、17年に長男、18年に長女を出産した。21年4月から、ドラマ「特捜9 season4」(テレビ朝日系)に出演。
ラベル:中越典子
posted by かーくん at 08:35| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする