2021年03月04日

平野ノラ

 お笑いタレントの平野ノラ(42)が、きのう2日午後4時6分、都内の病院で第1子となる2995グラムの女児を出産した。母子共に健康。3日に所属事務所・ワタナベエンターテインメントを通じて報告したようです

おめでとうございます

 書面を通じて平野は「しもしも〜? あたしバブ子! ケツカッチンだからそろそろ迎えにきて〜 出産予定超過、ステイ羊水から9日目、いつの時代もゲロマブ女は遅れて登場!」と女児出産を報告。「ダンスフロアのように春の嵐が吹き荒れる中、3月2日の午後4時6分に2995グラムで『おっおったまげ〜!』とノリノリのイケイケで産まれて来てくれました」と伝えた。

 続けて「バブル崩壊並みの産後の痛みもぶっ飛び〜! この先、人生というお立ち台に立つ我が子を私は全力で愛し、守り、ミラーボールのように照らしてあげたいと誓ったのでした!」と思いを記し「産まれて来てくれてありがとう。OKバブバブバブリー」とメッセージした。

 また、ブログでも報告した平野は「正直、正直、本当にお産が凄まじすぎて何度も途中でバブル崩壊しました。だけどバブ子も私もがんばりました!」と記し、「自然と涙が溢れて止まりませんでした。私たちのところに産まれて来てくれてありがとう。とにかくとにかく元気で健康です。本当に本当にそれが1番大切で有り難いですね」と、母となった胸中を明かした。

 最後は感謝の言葉とともに「お産の事はブログで詳しく書きますね。とにかく今はゆっくりして回復に努めます。皆さま、ありがとうございました! OKバブバブバブリー!」と、赤ちゃんとミニ電話の写真を添え結んだ。

 平野は、2017年12月26日に約6年にわたって愛を育んできた“蟹江敬三”似の一般男性と結婚。昨年10月に妊娠を発表している。
ラベル:平野ノラ
posted by かーくん at 08:59| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする