2020年10月22日

櫻井翔 広瀬すず

年内いっぱいでの「活動休止」を宣言している人気グループ・嵐。そのメンバーの1人、櫻井翔(38)が、来年4月からスタートする日本テレビの連続ドラマへの出演が内定したことが「週刊文春」の取材で判明したようです

 10月17日、嵐のレギュラー番組「VS嵐」(フジテレビ系)、「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)が来年1月にリニューアルされ、“嵐”の冠が消えることが一斉に報じられた。後者は「1億3000万人のSHOWチャンネル」とタイトルを変え、櫻井が単独で司会を担うことが発表されている。

 キャスターとしての活動をメインに据える櫻井が狙うのは“ポスト中居”のポジションだ。

「報道番組だけでなくバラエティも仕切れることは『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で実証済み。さらに俳優業でも櫻井は、来年4月クールの日曜22時半枠、広瀬すず(22)の主演ドラマ『ネメシス(仮題)』(日テレ系)に出演が決まった。2人の共演は一昨年公開の映画『ラプラスの魔女』以来です」(テレビ局関係者)

 芸能事務所関係者が詳細を明かす。

「櫻井が連ドラに本格出演するのは、2017年10月クールの日テレ土曜22時枠、『先に生まれただけの僕』以来、実に3年半ぶりです。目下、フジの『ルパンの娘』に出演中の橋本環奈(21)も出ます。ディレクターを務めるのは入江悠。今年公開された映画『AI崩壊』や、過去の映画『SR サイタマノラッパー』シリーズで監督を務めた人物です。この『ネメシス』も、ドラマの後は映画化を見据えている大型プロジェクトです」

 10月22日(木)発売の「週刊文春」では、活動休止が確定した嵐の番組を巡るテレビ局と事務所の攻防、リーダー・大野智の過去の交際相手との“口止め誓約書”や離島への移住計画の詳細、松本潤の来年以降の仕事の見通しや、相葉雅紀が温泉付き別荘を贈った相手、二宮の新婚生活の様子などを4ページにわたって詳報している。
posted by かーくん at 09:19| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする