2020年07月27日

小倉優子

歯科医の夫(46)と別居中のタレント、小倉優子(36)が第3子となる男児を出産したことが26日、分かった。関係者によると、数日前に出産し、母子ともに健康。一昨年に再婚した夫との初子で、夫は認知するとみられるが離婚を求める姿勢は崩していないという。小倉は復縁を望んでいるが、このままシングルマザーとして3人の子供を育てていくことになるのか。

 子はかすがいとなるか−。別居という大きな不安を抱える中、ゆうこりんが新たな命を産んだ。

 複数の関係者の話を総合すると、小倉は数日前に東京都内の病院で第3子となる男児を出産。父親は再婚した夫で認知するとみられる。母子ともに健康で、すでに退院。小倉のもとにはママ友たちから「ゆうこりん、おめでとう!」「頑張ったね!」などと多くの祝福の声が寄せられているという。

 本来なら喜びにあふれる瞬間だが、小倉の悩みは解消されていない。夫妻をめぐっては、第3子妊娠公表後の今年3月に別居が発覚。本紙の取材では、前夫との間の長男(8)、次男(3)も一緒に暮らしてきたが、昨年12月の再婚1周年の直前、夫が家を出て別居が始まった。

 夫が小倉に専業主婦になるよう求めたが断られたことが引き金になったとみられ、夫は離婚と子供2人の養子縁組解消を要求。小倉は親しい知人に「子供たちや生まれてくる子のためにもやり直したい」と打ち明けていたという。

 渦中の小倉はその直後の3月12日、インスタグラムで別居について「夫を支える妻として私の至らない点がありました」と言及。翌13日には夫がテレビ番組の取材に対して「私から引退を迫ったことも、一方的に家を出た事実もありません」などとコメントしていた。

 別の関係者によると、現在、2人は離婚の話を弁護士を立てて進めているが、話し合いは平行線をたどったまま進展はしていないという。このままでは3人の子供を小倉が一人で育てていくことになりそうだ。

 インスタは心境を表すかのように真っ黒な画面で別居に触れた3月12日で止まったまま。「今は家族で穏やかに過ごせる日を心から願い、二人の子供達と新しい命を大切に守って参りたいと考えております」と添えた希望がかない、明るい未来を家族4人で築いていくことはできるか。
ラベル:小倉優子
posted by かーくん at 09:35| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする