2020年06月02日

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは1日、緊急事態宣言をはじめ大規模施設への休止要請が解除されたことを受け、6月19日より、パークの一般営業を再開すると発表した。当面の間は関西2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県ならびに和歌山県)在住者、ならびに年間パス保持者のみ来場が可能な地域限定での営業となる

 また、一般営業再開に先駆けて6月8日〜18日の間は、ソフトオープン(プレオープン)を実施し、こちらは年間パスを保有し事前に予約した大阪府在住の人のみを対象として招待、6 月15 日〜18 日は年間パス保持者だけでなく、前売りチケットを購入した大阪府在住の人も入場可能となる。

 19日の一般営業再開後は当面の間、関西2府4県在住の人を対象とした営業となり、入場には年間パスあるいは期日指定された前売りチケットの購入が必要。チケットは4日からUSJのWEBチケットストアなどで販売され、当面の間、パークエントランスのチケットブースでのチケット販売(当日売り)は行わない。

 USJは今後の営業について「ゲストの皆さまとクルーの健康と安全の確保を最優先に、国が公表している『遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』に準拠することに加え、国内外の情勢ならびに保健行政機関と医療専門家からの指導のもと、徹底した衛生強化対策を講じた上で、段階的なキャパシティ・コントロールを行いながらパーク運営を再開してまいります」と発表。

 また、「QR コードを活用し感染拡大を抑制する目的で大阪府が構築した『大阪コロナ追跡システム』を導入し、パークへの入場とレストランの利用にあたってゲストのみなさまにはメールアドレスをご登録いただきます」と方針を明かしている。

 同園は今年2月29日より、新型コロナウイルスの影響で臨時休園が続いていた
posted by かーくん at 08:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする