2020年01月04日

巨大花ラフレシア

世界最大級の花をつけることで知られるラフレシアの一種ラフレシア・トゥアンムデ(Rafflesia tuan-mudae)でこれまでに見つかった中で最大の個体が、インドネシア・西スマトラ(West Sumatra)州で発見された。同国の環境保護団体が明らかにしたようです

 ラフレシア・トゥアンムデは多肉質の赤い花で、巨大な花弁には水疱(すいほう)のような白い斑点がある。今回見つかった花の直径は111センチで、数年前に同州で見つかった花の107センチを上回った。

 発見した環境保護団体の職員によると、ラフレシア・トゥアンムデはわずか1週間ほど開花した後、枯れて腐敗してしまう。

 ラフレシア以外の巨大花としては、高さが最大3メートルに達するショクダイオオコンニャク(学名:Amorphophallus titanum)がある
posted by かーくん at 09:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする