2019年12月24日

長澤まさみ

12月17日、東京・下北沢に姿を見せたのは、長澤まさみ(32)。出演する舞台の上演後、関係者と訪れた “演劇人御用達” の飲食店を後にしたところだ。雑然とした “下北の街” に自然と溶け込むのは、名女優たる所以だろう。

 翌日の「報知映画賞」で主演女優賞に輝き、女優としての評価は右肩上がり。デビュー20周年の2020年、中国映画やひとり芝居への出演が控えている彼女。ファンに嬉しいニュースを、本誌はキャッチした。

「『ドラゴン桜』の続編の制作が決まったんです。2020年7月スタートのTBS『日曜劇場』枠で放送予定。2005年放送の前作では生徒役だった長澤が、教師になって母校に帰ってきます」(芸能プロ関係者)

「落ちこぼれ高校の生徒たちが東大合格を目指す」物語は、15年前、阿部寛(55)主演で大ヒット。新垣結衣(31)、山下智久(34)、小池徹平(33)ら、いまのスターたちの出世作だ。

「そこに、女優としての15年の経験と実績を引っ提げて、長澤が凱旋するのだから、話題沸騰は必至です」(テレビ誌記者)

 長澤の2020年は、「子」年じゃなくて、「辰(ドラゴン)」になる!


(週刊FLASH 2020年1月7・14日号)
ラベル:長澤まさみ
posted by かーくん at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする