2019年10月11日

小沢健二

ミュージシャンの小沢健二さんが13年ぶりのオリジナルアルバム『So kakkoii 宇宙』を11月13日(水)にリリースすることが決定したようです

これに先がけて、本日11日0時より、アルバム収録曲である新曲「彗星」の先行配信を開始。

また、本人によると「歌詞用」とされる公式Instagramも開設された。

ユニークなティザー映像・第1弾も公開
新曲「彗星」を使用した本人出演の30秒ほどのティザー映像・第1弾「ドローン見ちゃだめ、ドローン見ちゃだめ……、見るー!」も公開。

30秒という短い時間ながら、ストリングスやホーンセクション、大人数のコーラスなどをフィーチャー。90年代のヒット曲全盛期も彷彿とさせる、小沢流“ファンク交響楽”の最新型とも言えるナンバーがうかがえる。

連作ということで、こちらの続きも期待したい。

13年ぶり、超豪華収録曲のニューアルバム
ニューアルバム『So kakkoii 宇宙』は、2006年発売のインストゥルメンタルアルバム『Ecology of Everyday Life 毎日の環境学』から数えて13年ぶり。ボーカル入りの作品としては2002年の『Eclectic』以来17年ぶりとなる待望のオリジナルアルバムだ。

収録予定曲は、2017年2月に突如19年ぶりとして発売されたシングル「流動体について」や、SEKAI NO OWARIとのコラボで話題をさらった「フクロウの声が聞こえる」の小沢健二バージョン。

そして、盟友・岡崎京子さん原作の映画『リバーズ・エッジ』主題歌として書き下ろされた「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」といった計3枚のシングルが予定されている。

そして、2019年4月にアルバムのティザー映像として公開され、その中にもヒントとして隠されていた新曲「薫る」や、今回初めて明かされた「失敗がいっぱい」も収録予定とされている。

全貌はまだ明らかにされていないが、小沢健二さん本人が全曲の作詞作曲のほか、ジャケットデザインも担当しており、かなり濃密な内容が期待できそうだ。

湾岸エリアを会場に選んだ、都内ライブも決定
また、アルバム発売の直前となる11月11日(月)と12日(火)には「飛ばせ湾岸 2 nights、guitar bass drums で So kakkoii 宇宙へ」と題したライブを開催。

11日は東京・新木場 Studio Coast、12日は東京・豊洲PiTといずれも都内の湾岸エリアを選択。謎多き小沢健二なだけに、この選択には意味があるかもしれない。

現在、自身の公式Twitterで「曲、何やろう? #小沢健二 にどうぞ。」と、ハッシュタグを通して、ファンからのリクエストを募っている。

チケットは本日19時より、オフィシャル先行予約が開始される。

時代を牽引した小沢健二
小沢健二さんは日本のシンガーソングライター。1991年、コーネリアスの小山田圭吾とのバンドであるフリッパーズ・ギター解散後、93年にソロデビュー。

1994年に発売したスチャダラパーと共演したシングル「今夜はブギー・バック」は50万枚を超えるヒット。現在もたくさんのアーティストにカバーされ続けている。

ポップスからジャズ、ソウル、R&B、アンビエントなど、様々なジャンルに挑戦したアルバムを次々と発表した後、音楽活動を休止。

小説の執筆や、南米の環境問題に基づくフィールドワークや講演といった活動を個人で行なった後、2010年よりその長い沈黙から徐々に音楽シーンに復帰。

2017年には、19年ぶりのシングル「流動体について」をリリースするなど、ライブ公演も定期的に行なっている。

今回のアルバムは、2019年4月にリリースが発表されていたが、発売時期は「2019 COMING(RELATIVELY)SOON」とだけ伝えられており、SNS上ではファンがまだかまだかと期待を募らせていた。

本人のTwitterも6月以降から更新が途絶えており、年内発表も危ぶまれていたが、今回も突然のゲリラ的サプライズを多数用意しての登場となった。
ラベル:小沢健二
posted by かーくん at 08:39| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする