2019年10月06日

井上小百合

乃木坂46の1期生・井上小百合が5日、ブログでグループを卒業することを発表した。卒業の時期は2020年春頃を予定しているようです


 井上はブログで「以前より休業という形で活動辞退を発表しておりましたが、それは、卒業に向けてのものでした」と説明。「突然の発表で申し訳ありませんが自分の中では今年の春、卒業というものが具体的になってこれまで必死に活動してきた分、今年からは自分のことに専念できるようにしたいと思っていたので、とてもとても前向きな卒業です!!」と報告した。

 詳しい卒業日程は改めてアナウンスされるが、2020年春頃を予定しており、現在出演が決まっているミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』(2020年3月13日〜4月1日に東京、山形、愛知、静岡、大阪にて上演)までは乃木坂46として活動する予定だという。

 卒業が発表されるとツイッター上では井上の愛称である“さゆにゃん”から「#さゆにゃん卒業」がトレンド入りした。

■残る1期生は10名

 乃木坂46メンバーは2019年に入ってから、衛藤美彩、伊藤かりん、斉藤優里、桜井玲香が卒業。2018年には8名が卒業する“卒業ラッシュ”状態だ。井上を除く1期生は、秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、高山一実、中田花奈、樋口日奈、星野みなみ、松村沙友理、和田まあやの10名となる。

 井上の卒業に対しては「卒業おめでとう」「さゆにゃん卒業しても応援します!」といった応援の声が上がっている一方で、メンバーの卒業が続く状況に対して「1期生がどんどん減っちゃう」「乃木坂1期生も遂に10人とかやばい…」「1期生どんどん卒業するじゃん」「もう1期生は誰が卒業発表してもおかしくない時期なのかも」「常に心の準備はしておかないと」などの思いを吐露する声も上がっていた。
ラベル:井上小百合
posted by かーくん at 09:33| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする