2019年08月11日

窪塚洋介

俳優窪塚洋介(40)が10日都内で、映画「ブラインドスポッティング」プレミア試写会のトークショーを行ったようです

「窪塚ナニ介でしたっけ?」とボケながら登場。マイノリティーや偏見などを描いた同作について「いい意味で粗削り。不器用だからこそ伝わる。ストレートな純粋さ、まっすぐさが胸を打った。そういうピュアな作品に出会えてうれしかった」と語った。

同作を01年の主演作「GO」(行定勲監督)に重ねて話した。「僕自身が在日韓国人ではなくて、在日韓国人の役をやるってことになった時、『おまえがやるのかよ』というプレッシャーを勝手に感じていて」と回想し、「自分とはなんぞや、と深く掘り下げて行くことで、胸を張ってあの作品を世に出せることになった。ピンチはチャンスじゃないですけど、そういう境遇にいる人たち、簡単に言える事じゃないですけど、今もその問題に苦しんでいる人もいると思うんですけど。逆手に取る、マイノリティーということを力に、チャンス、きっかけに変えることができれば、世の中を恨まずに、自分自身の命を生きていけるのかな、と思いました」と話した。

SNSで情報が可視化される昨今について「僕らはやっぱり地球人なんですよね。無限に広がる宇宙の小さい惑星の上に乗っている、宇宙船地球号の乗組員。やっぱり幸せになりたいと思う気持ちはどの国の人、どの宗教の人も一緒だと思う。宇宙から見たら仲間じゃんという気持ちが強く来ているので、みんなそう思ったらいいのにな、と思っている」とメッセージを送った。

人からの言葉で影響を受けたことについて、精神的にとがっていた頃に、12年に離婚した前妻の言葉が助けになったことも持ち出した。「とある前の嫁から、『GO』を見て自分が(前に出る)ってなったころ、人を批判したり世の中の批判をするというのが今以上に強かった。口開くと誰かの文句を言っていたり、テレビ見て文句言っていて。(前妻が)『私はみんなのいいところを、1つは言えるで』と言われた時にグサッと心に刺さって。俺は心が貧しくなっていた、と思って。温かい目でいいところを見て、いいところが大きくなったら、悪いところ気にならなくなったりする。そういう風に人を見るようになったと思う」と成長を明かした。

「とある前の嫁」とは「うまくいかなくて離婚して、今は仲いいんですけど」と説明。窪塚は「向かい合わなくていい時、がある。ぶつからなくていいときにもぶつかるから、バーカウンターの法則と呼んで居るんですけど、バーカウンターで座っている感覚で人と接する。意見がぶつからない。融合しやすくなる」と現在の心境を明かした。
ラベル:窪塚洋介
posted by かーくん at 09:59| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする