2019年06月02日

吉岡里帆

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(公開中)に出演する吉岡里帆。東野圭吾の小説を実写化した本作は、複雑なストーリー構造をしており、演じる側も“難解さ”に翻弄されるような物語だ。「これまで経験したことがないような現場だった」と振り返る吉岡が、女優としての原動力について語ったそうです

 吉岡演じる麻由子は、二つの世界でそれぞれ違う恋人と時間を共にするミステリアスな女性。メガホンをとった森義隆監督は「不安定さ」が作品のテーマだと語っていたが、吉岡にとっても演じる役に対して“確かなもの”がない撮影現場は、かなり難易度が高かったようだ。森監督の演出も徹底的に役と向き合うことに重きを置いており、そこに一切の妥協はなかった。

 これまで数々の映像作品に出演してきた吉岡も、精神的に追い詰められた撮影現場。撮影は苦しいことも多々あったというが、俳優は「心の葛藤がなければできない仕事」という思いのもと、しっかり向き合うことで前に進めた。

 さまざまな経験は、血となり肉となり自身に吸収される。しかし吉岡は「とにかく性格的に大変なこともすぐに忘れてしまう」とあっけらかんと語る。その出来事が印象的であればあるほど「抜け落ちてしまう」らしい。この特性は、吉岡にとっては非常に重要なものであるようだ。

 「忘れられるということは次に行けるということ。経験してきたことは普通“自信”になっていくと思うのですが、それも忘れてしまうので、積み重ねてきた感覚がないんです。だからこそ、常にドキドキして緊張してしまう。“できるのかな”と恐れる気持ちがわいてくるんです。お芝居に対して“怖い”と思えることは、自分にとって大切な感情なんです」

 またもう一つ演じることへの原動力になっているのが、相手をうらやむ“嫉妬”という感情だ。本作では、宇多田ヒカルの「嫉妬されるべき人生」が主題歌として使用されている。吉岡は「麻由子の気持ちとめちゃくちゃリンクしていた」と歌詞に感情移入したことを明かすと「嫉妬って絶対にエネルギーになりますよね」と力説する。

「俯瞰(ふかん)して物事を見てしまうともったいない」と吉岡は続けると、嫉妬心が芽生えるほどの存在がいるからこそ「頑張れる」という。「わたしはルーニー・マーラという女優さんが好きなのですが、『ドラゴン・タトゥーの女』を映画館で観たとき、『えっ、誰?』っていうぐらいこれまでの彼女と別人に見えたんです。始まった瞬間から、間違いないと思える演技。女性の強さやセクシーさをすべてむき出しに演じている姿に、打ちのめされた感覚になりました」

 キャリアを積んでも、常に演じることに恐怖を抱き、素直に素晴らしいと思える存在に強い憧れを抱く。こうした気持ちで作品に取り組むことで、芝居に対して常にフレッシュでいることができ、自身を型にはめることのない柔軟性を生み出すのだろう。
ラベル:吉岡里帆
posted by かーくん at 13:14| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする