2019年05月28日

山田邦子

「有吉が悪いのよ」と山田邦子(58)は言った。所属の太田プロダクションとの関係悪化をにおわせ、独立かどうかで注目される中で先日行われた芸能生活40周年記念公演「山田邦子の門」の発表会見

「社長といろいろ話し合っていて、いいようにやってくれるということなので」と、すぐの独立を否定しつつ、「大したことじゃなかったの。有吉がラジオかなんかで『辞める』なんて言うから、大変なことになっちゃって」と事務所の後輩のデマによって騒動になったのだと訴えた。

 しかしながら、「本当にそうでしょうか」と、山田を知る芸能関係者はこう言う。

「邦子さんの太田プロへの不満は昨日今日のことではありません。先月の歌舞伎座『杵屋勝之邦』襲名公演に事務所スタッフが誰ひとり来なかったとブログで訴えていましたけど、もう20年近く、そういうような状況が続いていました」

 舞台関係者の間では、こんな目撃証言も。

「太田プロのほぼ同期の仲間で、80年代の人気ドラマ『翔んだカップル』などで売れていた芦川誠さん率いる演劇集団の数年前の舞台に、邦子さんがゲスト出演され、前説までされたときのこと。稽古から本番まで、太田プロの関係者は誰ひとり姿を見せることがなかった。邦子さんは他の共演者やスタッフとならび、普通の食堂で食事をしたりしていたんです。今思い返してみると、『テレビ界のクイーン』とまでいわれた邦子さんは内心、悔しさや怒りを抱えていたのかも知れません」

 芦川はその後、オフィス北野に移籍し、映画「その男、凶暴につき」をはじめとする北野武映画で脇役を務めた。しかし、役者だけでは食べていけないと、東京・四谷三丁目の居酒屋「あぶさん」で長くアルバイトをしているという。

「実は芦川は売れっ子時代、テングというか、ちょっと勘違いしていた部分があった。それで干されたとまではいかないまでも、テレビや映画の一線級から退いていった。先輩後輩の間柄を超え、マブダチとして今も付き合いを続ける山田邦子は、そのあたりのことを間近で見て知っているはず。芦川と同じ轍を踏まないよう、いや、すでに踏んでしまっているようで、心配です」と冒頭の関係者は言っている。

 自分で騒動の種をまいておいて、後輩のせいにしているようでは、ちょっと厳しいか。
ラベル:山田邦子
posted by かーくん at 13:52| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする