2019年03月07日

大橋純子

昨年3月に初期の食道がんを公表し、治療に専念していた歌手、大橋純子(68)が6日、東京・六本木の所属事務所で復帰会見を行ったようです

 今年は歌手生活45周年の節目で、7日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(後1・55)で復帰し、代表曲「シルエット・ロマンス」を生歌唱。5月24日に開幕する全国ツアーでステージ復帰するが、「1年たちましたが、やっと歌手として待望の復帰がかなう」と喜んだ。

 昨年2月の定期検診で食道がんが発覚。4月2日の入院直前の精密検査で左胸に初期の乳腺がんも判明したといい、「3年前に良性の腺腫があるというので経過観察していたらがん化していた。初期で良かった。今は特別変わったことはないです」と力を込めた。

 入院後は食道に放射線と抗がん剤の治療を併用し、6月末に退院。7月末に5日ほど入院し、乳腺がんの切除術を受け、12月初旬に乳房再建術を実施。経過は良好で、11月頃からは自宅で発声のトレーニングを行い、今年2月には45周年記念盤「Terra3〜歌は時を越えて〜」(5月22日発売)のレコーディングも行ったという。

 現在は3カ月検診に通う一方で、ウオーキングなど体力作りにも尽力しており、「もうちょっとしたら泳ぐこともできたら。持続力をつけたいし、今まで通りに何も変わってないと思われるのが一番うれしいし、ファンへのお返しになると思う」と気合十分。タレント、堀ちえみ(52)が舌がんを公表したことには「本当に大変なこと。でも堀ちえみさんは勇気があって手術して治すという意思を強く持っているので大丈夫です」と激励し、「早めの発見が早めの治療や復帰に繋がります」と訴えた。
ラベル:大橋純子
posted by かーくん at 11:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする