2019年01月19日

今市隆二

三代目J SOUL BROTHERSのボーカル・今市隆二(32)が、俳優デビューすることを発表した。ハリウッドの「TCLチャイニーズ・シアター」で短編映画祭「ショートショートフィルム・フェスティバル」20周年記念上映会に出席。同映画祭とタッグを組む短編映画プロジェクト「シネマファイターズ」第3弾(今秋公開)の短編5作のうちの1作(タイトル未定、松永大司監督)に主演するようです

今市隆二、三代目の“大トリ”俳優デビュー ソロ曲題材の短編映画
今市隆二
 映画の都で今市が新たな誓いを立てた。三代目7人の“大トリ”を飾る俳優デビュー。「いずれ、やりたいという思いはあった。自分自身がどう変わっていくのかワクワクしている」とクールな表情を緩めた。

 プロジェクトのプロデューサーも務めるEXILE HIRO(49)に“直談判”して決めた新境地開拓だ。昨年は登坂広臣(31)とともに20万人規模の初のソロツアーを成功させた。「そのタイミングでHIROさんとお話をさせていただいた。初演技という感じではなく、自然と楽しみながら自分の表現を広げられたらなという思い」。HIROも「また一つ上のステージに行くんじゃないか」と期待した。

 主演するのは、自身のソロ新曲を題材にした短編。17年夏に約2か月ほど留学した「一番テンションが上がる場所」ロスで、昨年5月から全編撮影された。登坂は14年に映画「ホットロード」で俳優デビューし、報知映画賞新人賞を受賞した。「オミ(登坂)はできちゃうんだろうなって不安なく見ていた。(自分は)今のタイミングがベスト」

 グループとしては4月3日から、70万人の動員を見込む2年ぶりの5大ドームツアーに臨む。「音楽にも還元できると思う。挑戦する気持ちを忘れてしまうことが一番怖い。枠を決めずにチャレンジしていきたい」。俳優としてボーカリストとして、勝負の一年となる。

今市隆二、三代目の“大トリ”俳優デビュー ソロ曲題材の短編映画
三代目JSBメンバーの俳優活動
◆小林もエール
 政府の日本文化海外発信拠点「ジャパン・ハウス」が主催した上映会には、アンバサダーを務めたEXILE AKIRA(37)、小林直己(34)も出席。AKIRAは「一人の表現者としてすごく魅力的。自分もさらに成長を追求したい」。三代目リーダーの小林は「隆二の人間性から出てくる表現に心動かされていた一人。登坂も『(俳優経験で)歌が変わった』と。自分も聴いて思う。新たな表現ツールを手にする今市が、どんな歌を聴かせてくれるんだろうと楽しみ」とエールを送った。

◆シネマファイターズ
 EXILE HIROがエグゼクティブ・プロデューサー、映画祭代表で俳優の別所哲也が企画・プロデュースで17年に発足したプロジェクト。EXILEらの楽曲を手がける作詞家・小竹正人氏の作品を題材に、主に若手監督が脚本、映像化。
ラベル:今市隆二
posted by かーくん at 13:47| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする