2018年12月28日

及川光博 れい

女優の檀れい(47)と俳優の及川光博(49)が離婚を発表したのは11月28日のこと。しかし、檀はすでにその3カ月以上前から、2人の自宅から数キロ離れた場所に居を移していたという。

 “不仲説”や“仮面夫婦”といったレッテルを貼られ、結婚7年でついに離婚という結末を迎えた2人。離婚原因について、檀が実家の母親の面倒を見るためだとか、及川の夜遊びなどが挙げられているが、いずれも正確な情報とは言えない。関係者はこのように話す。

「檀さんが実家の母親の面倒を見ることは結婚前から分かっていたことだし、及川さんは仕事で1年の半分も東京にいません。檀さんはその間に母のいる実家に戻っていただけなので、それが離婚の理由にはなりません。及川さんの夜遊びにしても、地方でのお付き合いやスタッフとの飲みがほとんど。それも檀さんは最初から理解していました。身近なスタッフが見る限り、2人は本当に仲の良い夫婦でした」

 及川は結婚から2カ月後に、30代の女性との“レストランデート”を女性誌に撮られた。その後、2人が相合い傘で夜の街に消えたとして“不倫疑惑”をかけられたが、相手女性はドラマスタッフで、及川は女性をタクシー乗り場まで送っただけだったらしい。

「及川はみんなでワイワイ騒ぐことが大好きなだけ。彼は本当に檀さんのことを愛していたし、尊重をしていた。檀さんもその思いは同じだったと思います。お互いに尊重する気持ちが強いばかりに離婚という結論しかなかったのでしょう」(及川の知人)

■3カ月以上前から別居

 2人はお互いの何を“尊重”しようとしたのか。

「及川は女優の檀れいが大好きでした。だから、檀さんには仕事もセーブして欲しくなかったし、家庭的な雰囲気に染まって欲しくなかった。自宅でも、結婚前のデートを重ねていた時のような檀さんのままでいて欲しかったのだと思います。その一方で、檀さんは仕事をセーブするつもりはなかったけれど、主婦業も完璧にこなしたくて、そのジレンマに苦しんでいたそうです。両方を完璧にこなせない自分をいつも責めていて、及川はそんな彼女の姿を見たくなかった。自分が家に戻ると檀さんを逆に苦しめてしまう。そんな状態が長く続いたことが一番の理由でしょう」(前出の知人)

 その結果、及川が檀に“別居”を勧めたのだという。それが今年の初夏の頃だった。檀にとって、3カ月間に及ぶ別居生活が案外快適だったようで、リラックスした様子でコンビニでスナック菓子を買う姿が目撃されている。

 及川と檀は離婚の原因について、連名のファクスの中で「共に表現者として尊重し合い、笑顔で出した結論です」とつづっていたが、円満離婚というのは本当だったのだろう。それこそ、結婚前のように2人でデートをする姿が見られるようになるかもしれない。
posted by かーくん at 16:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする