2018年09月06日

男はつらいよ

1969年に第1作が公開され、渥美清さん主演で49作(97年)まで続いた不朽の名作『男はつらいよ』が、誕生50周年を迎える来夏頃に“50作目”となる新作映画を公開することが6日、都内で行われた『50周年プロジェクト』会見で発表された。“22年ぶり”となる新作には、シリーズ全49作を4Kデジタル修復した映像と、新たに撮影される映像が使用されるようです

 映画『男はつらいよ』シリーズは、渥美さん主演、山田洋次監督(86)で69年に公開され、以後97年までの28年間に全49作品が公開された人気シリーズ。『男はつらいよ』は、68年に全26話のテレビシリーズとして誕生。その最終回、主人公のフーテンの寅がハブに噛まれて死んでしまうというエピソードに視聴者からの抗議が殺到したため、原案・脚本を手掛けた山田監督が映画化を思いつき、69年に第1作を公開したところからシリーズの歴史が始まる。83年には“一人の俳優が演じたもっとも長い映画シリーズ”としてギネスブックに認定されている。

 劇場公開に向けて、山田監督監修のもと、当時のスタッフ、松竹、松竹映画センター、IMAGICA、東京現像所による修復チームを結成。オリジナルネガの経年劣化(退色、収縮等)や、さまざまな要因で出来た傷、ホコリ、画面の揺れ等の精査、スキャン、修復、上映という全プロセスを4K解像度で実施。試写と再修復を繰り返し、公開初日の映像と音声をデジタルで再現すべく、2年にわたって取り組んでいる。

 また、新たに撮影されるシーンについて、松竹の深澤宏プロデューサーは「来月から撮影開始。10月の中旬から11月いっぱいまで、撮影所や都内ロケ、当然のことながら(葛飾区)柴又の寅さんの縁の地も。主演は渥美清さん。倍賞千恵子さん、前田吟さん、吉岡秀隆さんら豪華メンバーで撮影を敢行していきます」。新撮パートの舞台は現代、渥美さん以外の役者が寅さんを演じることは「ない」という。

 会見に出席した山田監督は、50年の歩みを振り返りながら「新しい次の時代へのギアチェンジをしなければいけないのではないか。日本人が持っている気持ちを、映画を観て笑いながら考える。そんな映画ができたら」と思いを語り、「ちょっと不思議な映画ができるんじゃないかと、僕もとても楽しみにしています」と完成を心待ちにした。

 寅さんの妹・さくらを演じた倍賞千恵子(77)は「これからどうなるのか、私もわからない」と、新撮パートへの期待感を膨らませつつ「『また寅さんを撮るよ』と聞いて驚いてしまった」と素直な心境を告白。

 それでも「お兄ちゃんがいないのにどうするんだろうって。私もいい歳になってしまったけど(山田監督は)『そのままでいいんだよ』って。それが段々と実現してきたんだなと。長い50年の間、寅さんが皆さんの中に生きていた。それを皆さんが『またできないかな』という気持ちが山田さんを動かして、こういう形で映画が作れるようになったのかなと思っています」と前向きに語ると、「もしお兄ちゃんがどこかで見ていたら『おい、さくら! まだ山田さんと映画を作らなきゃダメだよ』って言っている気もする」とほほ笑んでいた。
ラベル:男はつらいよ
posted by かーくん at 15:32| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする