2018年09月05日

女が嫌いな女

今回で13回目となる「週刊文春」恒例のアンケート企画「女が嫌いな女」の最新版調査で、工藤静香(48)がV1を達成したようです

 アンケートは6月28日から約7週間にわたって、文春オンラインの女性メルマガ会員を対象に募集され、全体で2000超の回答を集めた。

 新女王の工藤は2015年は37位だったが、SMAP分裂騒動の鍵を握る木村拓哉の妻として注目されたのをきっかけに、2016年は5位、昨年は4位に急上昇。今回、2位に150票以上の大差を付けて、初の戴冠となった。

 2位は前回1位だった松居一代(61)。3位は、2位に9票の僅差で伊藤綾子(37・前回14位)。伊藤は元フリーアナウンサーで、「嵐」二宮和也と結婚間近とも噂されている。小誌先月の夏の特大号でも“モルディブ婚前旅行”から一緒に帰国し、車でマンションに帰る様子を報じたが、これがニノファンの逆鱗に触れたようだ。

 政界関係では、安倍昭恵首相夫人(56)が5位と最高位に。他には、上西小百合元衆議院議員(35)が9位、稲田朋美元防衛大臣(59)が10位。11位には「新潮45」(8月号)でのLGBTへの「生産性がない」発言で集中砲火を浴びた杉田水脈衆議院議員(51)がランクインした。

 前回とは大きく様変わりしたトップ50のランキングと、メルマガ会員の回答は、9月6日(木)発売の「週刊文春」に掲載する。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年9月13日号
ラベル:女が嫌いな女
posted by かーくん at 18:07| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする