2018年08月25日

山本舞香 マツコ

8月23日に放送された「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、女優の山本舞香がゲスト出演。外見は美少女ながらも、中身はヤンキーとマツコデラックスがいじるほどお気に入りの山本の言動に、ネットにはさまざまな反応が上がったようです

14代目の「三井リハウスガール」や、人気ティーン雑誌の専属モデルを務めるなど、“美少女”として活躍してきた山本だが、性格は「その辺を歩いてるヤンキーと構造は変わらないわよ(笑)」と明かすマツコ。

良い子ではないが悪い子でもないとマツコが肩入れする理由は、山本が絶対に自分をつくらないからだという。

山本自身も「つくってまで別にやりたくないです、この仕事」と言い切り、大好きな家族に関しても「お兄ちゃんの彼女も私が選ぶ。弟も彼女は私が選ぶ。認めない人は絶対私は口をきかない」「(家族に)女が他に入ってくるのがホントにムカつく」「私は女一人。長女。以上!」とアウトな発言を連発。

最初は「めんどくせぇ!」と引いていた矢部浩之(ナインティナイン)だが、山本の芯の強さとやさぐれたヤンキー感を「以上、夜露死苦!(笑)」とネタにするほど楽しみだした。

山本の実兄も「ちょっと気が強くてサバサバして敵を作りがちですが、本当に家族のことを第一に考えている自慢の妹です」と番組へメッセージを寄せ、山本は「うれしい、大好き!」と感涙。

さらには大ファンであるひふみん(加藤一二三)とのツーショットを果たしてご機嫌な山本に対し、マツコは「ひふみんが好きだっていうのはものすごいね、いいのよ? イメージも。でも私、今のアンタにまだそっちのキャラ出してほしくなかった」と、山本のかわいらしい部分が見えてしまったことに不満げ。

山里亮太(南海キャンディース)に「マツコさんって舞香ちゃんのことを島崎和歌子さんみたいにしたいんですか?(笑)」とツッコまれ、マツコは「それ(島崎和歌子)よりは幸せになってほしい」と即答してスタジオを沸かせた。

ネットでは「20歳になってもかわいい!」「この気の強さがたまらんw」「飾らないのとワガママは違う!」などさまざまな反応が見受けられ、“山本舞香”が話題の検索ワードに挙がるほど注目を集めた。
posted by かーくん at 16:55| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。