2018年07月02日

クレヨンしんちゃん

アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)で野原しんのすけを演じる声優・矢島晶子が、29日の放送をもって降板したようです

■最後まで「いつもの日常」

放送では、お調子者でしんのすけのドタバタ劇が展開された。

「野原家プリンウォーズだゾ」では、家族の分までプリンを食べてしまったしんのすけが、父・ひろし、母・みさえに罪をなすりつけたことで夫婦喧嘩に発展、離婚の危機一歩手前になってしまう。

罪悪感を抱いたしんのすけが素直に罪を告白し、叱られて元通りという、笑いと感動ありの「いつもどおり」の流れだ。

降板の理由について、矢島は「しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった」と語っていたが、衰えを感じさせない演技を見せていた。

■矢島晶子の最後のセリフ

また、番組の最後には「いつものオラだゾ」というショートムービーも放送された。

いつものとおり、幼稚園の送迎バスに遅れて、みさえの暴走自転車で園に到着。風間トオルの耳元に息を吹きかけるイタズラをする。

家に帰ると、大好きな「アクション仮面」を見て「ワーハッハッハ」とテレビの前でポーズを決め、ひろしが帰宅すると「ケツだけ星人」で家族を和ませる。

そして、最後に「あ〜オラ毎日楽しい」とつぶやいて終わるのだった。

■「今までありがとう!」と拍手喝采

放送を受け、ツイッター上ではファンから「感動した」「今までありがとう」と称賛の声が相次いだ。

このしんちゃんの声聴けるのも
今日が最後か… #クレヨンしんちゃん
− 敬之 (@pielofury)
June 29, 2018
from Twitter

ラストクレヨンしんちゃんの声聞けた〜
26年って長かったね。
お疲れ様です。
− ザワくん (@pd_spla2)
June 29, 2018
from Twitter

今日のクレヨンしんちゃんの
最後のお話「いつものオラだぞ」
がとても好きだった。。。
《あ〜オラ毎日楽しい》
ってセリフで終わるの感動したぁぁ
− 志 (@m_coco31)
June 29, 2018
from Twitter

最後のショートストーリー良かった〜(*´∀`*)

矢島さんのしんちゃんで子供の頃から笑わせて貰ったり感動させてくれたり…本当にありがとうございました!そしてお疲れ様でした‼ #クレヨンしんちゃん
− [NONO] (@nono3_anilv)
June 29, 2018
from Twitter

■次回からは小林由美子が担当

「嵐を呼ぶ5才児」野原しんのすけを26年以上にわたって演じてきた矢島。次回からの放送では、小林由美子がしんのすけを引き継ぐことになっている。

ネット上でも、小林に「がんばってください!」とエールを送るコメントが数多く寄せられた。

矢島晶子さん26年間本当にお疲れ様でした。
最後の「いつものオラだゾ」。あんなに短い話なのにとても感じるものがありました。
小林由美子さんこれから頑張ってください
− とよか (@toyoka904)
June 29, 2018
from Twitter

矢島晶子さんのしんちゃん大好きでした。
生まれた時からずっとこの声と共に育ってきたので。
これからもずっと好きです。
小林由美子さんのしんちゃんも全力で応援していきます。
クレヨンしんちゃんよ、永遠に。
− OSN (@HTT_OSN)
June 29, 2018
from Twitter
posted by かーくん at 21:19| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。