2018年04月21日

ドラえもん 星野源

ドラえもん 星野源 11thシングル

 星野源のニューシングルのタイトルが「ドラえもん」である。すごい。これはすごい。私もこれまでにたくさんのドラマ・映画・アニメ・CMのタイアップ曲を書かせて頂いたけれども、そのものズバリの歌詞は書かせてもらったことがない。むしろ、レーベルサイドからのオーダーでいちばん多いのは「ストーリーに寄せすぎないでください」というものだったような気がする。

 その意図をわざわざ確認したことはないけれど、おそらくアーティスト自身がこの先長く歌うことを考えると、ドラマなり映画なりの作品イメージを強く付けすぎたくない、ということなのだろうと思う。もちろん、その気持ちもよく分かるし、タイアップというのはそういうものだと思っていた。

 そこへ来て、星野源のニューシングルが「ドラえもん」である。映画「ドラえもん のび太の宝島」の主題歌に「ドラえもん」とつけられる、星野源というアーティストの今の時代における無敵感、余裕、ある種のすごみのようなものを感じる。ちょっとした事件だなと思った。長い歴史のある「ドラえもん」という作品をこれほどまで真正面から背負うのはかなり勇気が要ることだからだ。サビのパンチライン、「どどどどどどどどど ドラえもん」というフレーズもシンプルかつキャッチーで素晴らしかった。
posted by かーくん at 19:56| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。