2018年03月11日

GENKING

タレントのGENKING(年齢非公開)が10日、自身のブログを更新。虫垂炎のため救急搬送されていたことを明かしたそうです

 9日に腹痛を覚え、痛み止めを服用しながらロケに参加にしたものの、終了後に歩けなくなり救急搬送されたという。本来なら入院、手術の必要があったが、翌日にイベントを控えていたため延期。痛み止めだけでイベントに臨んだ。

 搬送先について、1件目の病院で「救急胃腸炎」と診断され、3件目でようやく虫垂炎と判明。その際「胃腸炎の薬のままだったら、破裂していた」と言われたという。「今思うのは2件目で家に帰って、薬を飲んで我慢しなくて良かったなぁって。血液の数値も異常で家で我慢してたら手遅れになってた」とし、「セカンドピニオンは早めが大事って事」と、複数の医師による診断の重要性を訴えた。

 痛みを押して出席したイベントだったが「元気が足りなかったのはそのせいです」と釈明。「ごめんなさい」と謝罪することも忘れなかったよう
posted by かーくん at 21:02| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。