2017年11月24日

トラウデン直美 慶大法学部政治学科に合格

ドイツ人の父と日本人の母を持つハーフでファッション誌「CanCam」の専属モデル、トラウデン直美(18)が、慶大法学部政治学科に合格したことが23日、分かった。NHKの国会中継をよく観るなど政治に関心があったことから、閣僚経験者も多く輩出している同校への進学を決意。中学校の成績はオール5という才色兼備の18歳は「大学で学んだことをお仕事にも生かしたい」と誓った。

 長い手足に、抜群のスタイル。13歳で「CanCam」史上最年少専属モデルとしてデビューした逸材が、超難関大学に一発合格だ。

 受験したのは学力試験を課さず、試験だけでは測れない才能や適性を面接、小論文などで判断するAO入試の一種で、慶大法学部が2006年に導入したFIT入試。同学部を第1志望とすることが絶対条件で、A方式とB方式があり、トラウデンは日本を7つのブロックに分け、ブロックごとに最大10人の合格者を出すB方式で合格。9月26日に合否が発表されたといい、サンケイスポーツの取材に「ホッとしました」と頬を緩ませた。

 京大のドイツ語教師を務める父の影響で幼いころから政治に関心があったというトラウデンは高2のとき、自身の芸能界入りのきっかけとなった「ミス・ティーン・ジャパン」の初代グランプリで元モデル、坂口莉果子さん(20)も在籍する慶大への進学を決意。

 高校では生徒会でも活躍する努力家は、仕事もこなしながら、国会中継を観て自分なりに考えたり、英語の洋書を読み込んだりと猛勉強。「自分を追い込むことで、頑張らないといけないというモチベーションを作りました」と振り返る。

 来年4月には京都から上京し、一人暮らしを始める。仕事の面でも本腰を入れられる環境になり「選挙特番やキャスターの仕事もやってみたい」と夢は膨らむばかりだ。

 政治に関心があるタレントといえば、来年3月末で芸能活動を無期限休業する日本とスイスのハーフタレント、春香クリスティーン(25)が趣味を生かして報道番組のコメンテーターなどで活躍。トラウデンも仕事の幅を広げそうですね
posted by かーくん at 14:15| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。