2017年11月03日

橋本マナミ タモリ

NHKスペシャル「人体」(全8回)の第2回(5日後9・00)で、タレント橋本マナミ(33)のカラダが最先端映像を駆使して徹底解剖されることになった。タモリ(72)と京都大の山中伸弥教授(55)が司会を務め、話題のシリーズ。MRI(磁気共鳴画像装置)でスキャンした橋本の全身の映像で番組が進められ、タモリは「丸裸以上」と大興奮のようです

 今回のテーマは「脂肪と筋肉」。橋本は京大で、従来よりも画像情報が多いMRIで全身のスキャンに臨んだ。これが世界最先端の映像化技術を持つドイツの複合企業・シーメンス社に送られ、珍しい映像が出来上がった。

 番組では「通常はMRIで患者の病気の部分しか撮影しないので、健康な人の全身スキャンはその時点で貴重。その全身データを基に、筋肉や脂肪の様子を映像化したのは初の試みとなります」と説明し、世界初の映像化としている。

 スタジオでは「ハリウッドの映画製作で使っているCG技術を医療データの可視化に応用した技術」(番組関係者)を駆使して、橋本の全身のデータを使い、筋肉、脂肪、臓器を色づけして分かりやすく紹介。身長1メートル68、体重56キロの橋本の筋肉が21キロ、脂肪が18キロで定説の「体重の7割が筋肉と脂肪で占められている」を裏付け、スタジオを沸かせた。

 タモリは「体の中だからね。丸裸以上。ここまで見ちゃっていいのか?」とビックリ。「脂肪は細胞にとりつくんじゃないかと思っていました。そうじゃない。脂身じゃなくて臓器なんですね、これは」と橋本のデータを見て感心した。浅井健博プロデューサーは「脂肪と筋肉がほどよくついている健康的な体形の方に依頼したいと考えておりました。橋本さんは自身の体について大変強い関心をお持ちで、快く引き受けていただきました」としている。

 橋本は「こんなにリアルに体内が見えるなんてビックリしました。脂肪も多いんですけど、筋肉も、女性にしてはしっかりついているって褒められました」と貴重な体験を喜んだそうです
posted by かーくん at 22:31| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。