2017年01月27日

マイケル・ジャクソンの娘

先日モデルデビューを果たした故マイケル・ジャクソンの娘パリス・ジャクソン(18)が、父親と自らについて、初めて衝撃的な事実を激白しているそうです

「パリス沈黙を破る」という見出しで米ローリング・ストーン誌の表紙を飾ったパリス。2009年に最愛の父親を亡くしてから、数回にわたって自殺未遂を図ったことは有名な話で、15歳だった2013年には薬を大量に服用し、手首を切って自殺を図ったと報じられたが、原因は父親を亡くしたショックだけではなかったという。

「14歳の時に、年上の見知らぬ人から性的暴行を受けたの。誰にも言わなかったけれど、本当につらかった。極度のうつになって、何度も自殺未遂を図ったの」

「父親は、殺されたのよ。そう信じているわ。父は『いつか殺される』と言っていて、その通りになった。コンラッド・マーレー医師の仕業だと思っているけれど、それ以上のなにかがあると思う。いま私は、チェスゲームのように真相を追い求めているの。言えるのはそれだけだけど、必ず正義を勝ち取りたい」と語っている。

また、かねてから「マイケルは実の父親ではないのではないか」と報道されている件についても、「彼は間違いなく私の父です。今までずっとそうだったし、これからもそうです」ときっぱり言い切ったそうです
posted by かーくん at 10:26| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。