2016年10月03日

高畑充希 キャバクラ嬢

1日に終了したNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを務めた女優、高畑充希(24)が、出演映画「アズミ・ハルコは行方不明」(松居大悟監督、12月3日公開)でキャバクラ嬢役に挑戦していることが2日、分かった。朝ドラ後初の映像作品で、とと姉ちゃんから“キャバ姉ちゃん”になった国民的ヒロインは、「お客さんにニヤッとしていただければ幸せです」と呼び掛けている。

朝ドラで父親代わりに家族を引っ張るヒロインを熱演した高畑が、今度は派手なキャバ嬢役で魅せる!

「アズミ−」は作家、山内マリコさん(35)の同名小説が原作。独身OL・安曇春子(蒼井優、31)の失踪を機に起こる出来事を通して、現代女子の生きざまを描く青春サスペンスだ。

高畑が演じるのは、安曇の顔をグラフィティーアートとして街中に落書きする若者集団の1人、愛菜。キャバクラなどで働く20歳のギャルで、成人式で再会した同級生となんとなくセックスしてしまう“ちょっと愚かな女の子”の役どころだ。

過去に一緒に仕事をした松居監督から「高畑さんが頭が良いことは分かっていたので、だからこそ、少し頭の良くない愛菜をぶつけたい。主演の蒼井さんと戦う高畑充希が見たい」と熱烈オファーを受け、難役に挑むことを決意。撮影は「とと姉ちゃん」の出演が決まった直後の昨年9月に行われた

「ただただがむしゃらだった」と撮影を振り返った高畑は、とと姉ちゃんから愛菜まで振り幅の広い役を演じたことについて、「どちらも自分とは相いれない部分があるキャラクターだったのでとても難しく、だからこそ余計にいとおしく。そういうチャレンジを積み重ねていきたいと思った」と充実感に満ちあふれた表情を見せた

苦労した映画が朝ドラ後初の映像作品となったことには「なんてステキなタイミングだろう!」と喜び、「お客さんにニヤッとしていただければ幸せです」と自信作に胸を張る

「アズミ−」は、25日に開幕する「第29回東京国際映画祭」のコンペティション部門に、日本代表作品の一つとして選出されるなど注目度は抜群。朝ドラとは対照的な演技で、“ととロス”ファンを魅了してくれそうですね
posted by かーくん at 10:42| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。