2016年04月18日

熊本地震

気象庁の青木元・地震津波監視課長は18日の記者会見で、「平成28年(2016年)熊本地震」の名称は変更しない考えを示したようです

 14日夜に熊本県熊本地方でマグニチュード(M)6.5、最大震度7の地震が発生して命名した後、16日に熊本地方でM7.3、阿蘇地方や大分県中部でM5.3〜5.8の地震が起きていた

 気象庁は名称変更を一時検討したが、青木課長は「熊本地震と引き続く地震活動と捉えている」と説明した

熊本県と大分県で14日から続発している地震で気象庁は18日、同日正午現在、震度1以上の地震が531回に上ったと発表した。18日も39回起き、発生回数は減りつつあるが、同庁は「活動が減少したとは見ておらず、いつ再び活発化するか分からない」として、今後も強い揺れへの警戒を呼びかけている

 震度1以上は、16日が最多の202回、次いで17日は138回だった。15日は112回で、18日は正午までに39回を記録した。

 また、両県のうち、熊本地方で発生したマグニチュード(M)3.5以上の地震は、18日午前8時半現在で176回に増加した。17日時点で2004年の新潟県中越地震の回数を超え、1995年以降で最多となっている。16日に起きたM7.3の地震以降、日奈久(ひなぐ)断層帯や布田川(ふたがわ)断層帯の付近を中心に両県で活発な地震活動が続いている。

 また気象庁は、熊本県益城(ましき)町で故障した震度計の代わりとして、臨時観測点「益城町宮園」を設け、17日午後10時に運用開始したそうです

早くおさまって
ラベル:熊本地震
posted by かーくん at 13:05| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。