2016年03月06日

高畑充希

椎名林檎によるオリジナル楽曲をミュージカル調に歌い上げる、かんぽ生命保険の新CMが話題となっている高畑充希。抜群の歌唱力を誇る高畑は、この他にも、数々のCMで歌声を披露し、現在のCM出演本数は5本(ニホンモニター発表)に登るようです


 高畑がデビューしたのは、2005年。ホリプロが創業45年を記念して主催した『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバックpart2〜屋上の天使』のオーディションで主演を獲得しての華やかなデビューを飾った。

 その後、2007年にはミュージカル『ピーターパン』の8代目ピーターパン役に抜擢されると、6年間に渡り同舞台に出演。その実力が買われ、舞台『奇跡の人』『美男ですね』『コーヒープリンス1号店』と次々に主演を務めた。

 また、ディズニー映画『シンデレラ』では、リリー・ジェームズが演じたシンデレラの日本語版吹替を担当し、王子役の城田優とのデュエットを披露。さらに、2007年にはコブクロの小渕健太郎プロデュースにより、歌手デビューも果たしている。

 この経歴をご覧になった方はわかるだろうが、高畑はテレビドラマや映画をメインとした女優ではなく、元々、ミュージカル女優であり、“歌える女優”なのだ。そんな高畑の高い歌唱力を象徴するようなエピソードがある。

 2013年に出演したNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』では、脚本家の森下佳子が高畑の歌声に惚れ込み、当て書きで歌唱シーンを追加したというのだ。その劇中歌「焼氷有りマスの唄」は一躍注目を集め、その後の高畑のブレイクに繋がったともいえる。


 高畑が、現在、歌声を披露しているCMは、冒頭のかんぽ生命保険のほか2社ある。チョーヤ梅酒では、「酔わな 酔わないウメッシュ」というお馴染みのCMソングを歌い上げ、ドコモ光のCMではコブクロの「永遠にともに」、氷川きよしの「きよしのズンドコ節」のパロディを熱唱した。特に、コブクロの「永遠にともに」のパロディは、「ドコモ光〜ドコモ光〜」という歌詞が頭から離れないとネットでも話題に。そして、歌詞のインパクトともに、「熱唱してるCM好き。歌うまいよね」「歌うまいな、あれ本人だよね?」と高畑の歌唱力を絶賛する声が集まった。

 これまで、CM女王と呼ばれたタレントたちがキャラクター性が評価されていたのに対して、高畑の場合は歌。多くのCMが高畑の歌を前面に出した作りをしていることからも、高畑の歌唱力が買われてCM出演に繋がっていると考えられる。

 2016年4月から放送開始予定のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に主演することも決定し、着実に大女優への道を歩む高畑。その右肩上がりの勢いのまま、いずれは“CM女王”と呼ばれる日もそう遠くないのかもしれないですね
ラベル:高畑充希
posted by かーくん at 15:43| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。