2015年12月25日

前田敦子

2013年から交際していた前田敦子(24才)と尾上松也(30才)が破局していたという──。「結婚しないんですか?」。12月20日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、AKB48の高橋みなみ(24才)、HKT48の指原莉乃(23才)とゲスト出演した前田敦子。

 3人は恋愛観などぶっちゃけトークをくり広げたが、指原から投げかけられたその質問に、前田は「絶対しないでしょ」と即答。そして、「(結婚したかった時期は)1回過ぎちゃったかもしれない…」と続け、今はひとりでいたいと心情を吐露した。

 24才の女性が口にするには重い言葉…。前田は歌舞伎界のプリンス・尾上松也と交際中で、結婚秒読みともいわれていたが、いったい何が起きたのか。ふたりの熱愛が発覚したのは2013年9月のこと。同年3月に共通の友人を介して知り合い、ドライブや松也の自宅マンションでのデートを重ねていった。

「松也さんは後援会関係者にもあっちゃんを紹介していて、周囲も心から交際を祝福していたんですよ。2014年春に京都の南座で松也さんが出演する公演があったときには、後援会関係者が経営する焼肉店をふたりで訪れて、1枚の色紙に揃ってサインもしていました」(歌舞伎関係者)

 松也の母にも挨拶済みで、順調な交際を続けていた。ところが2015年の夏頃から、ふたりの間に距離が生まれ始めた。

「あっちゃんはすごい尽くし系の女の子。当初から結婚を意識していて、松也さんのお母さんとの仲もよかったし、彼の舞台とあらば同じ公演に2度も3度も顔を出しては控え室で贔屓筋に挨拶していました。松也さんも結婚には前向きだったんです。でもその頃、松也さんはちょうど仕事が波に乗り、歌舞伎座での公演に加えて地方での仕事など超多忙…。

 そんな中、あっちゃんも舞台の仕事に力を入れるようになり、“もっと演技の勉強をしたい”“舞台に立ちたい”と仕事への思いを強くしていったんです。そんなすれ違いから、6月末に別れてしまったんです」(芸能関係者)

 前田は、6月末の帝国劇場の『エリザベート』を最後に、松也の出演舞台会場に一切、姿を見せなくなったという。

「お互いを嫌いになって別れたわけではないので、元サヤに戻りかけたこともありました。破局後も、たまに食事に行ったりしていたようですし…。松也さんはまだ30才で、歌舞伎役者として大成するにはもっと勉強していかなければならない時期。あっちゃんもAKB48を卒業して3年が過ぎて、本格派女優として飛躍するには今が正念場です。そういったことも踏まえて、ふたりで話し合って別々の道を歩むことを決めたようです」
ラベル:前田敦子
posted by かーくん at 10:42| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。