2015年12月13日

ドフラインイソギンチャク

1904年に採集されて以降、国内で確認されていなかった「ドフラインイソギンチャク」が約110年ぶりに東京湾で発見された。千葉県立中央博物館の柳研介主任上席研究員(44)らのグループが12日発行の日本動物分類学会国際学術誌に発表した。来年1月11日まで標本を県立中央博物館分館・海の博物館(同県勝浦市)で展示している。

深海に生息するドフラインイソギンチャクは1904年、三浦半島城ケ島沖で、ドイツ人研究者、フランツ・ドフラインが採集し、4年後に新種として発表した。柳研究員は、定期的にウニやナマコなどの海洋生物調査をしているグループの一人から、2012年10月24日に同県鋸南町の無人島・浮島沖の水深100〜200メートルで採集したイソギンチャクが似ていると連絡を受けて調査。ドイツのミュンヘン動物学博物館に所蔵されている初採集されたドフラインイソギンチャクの標本と隔膜の配列など体の作りを比較したほか、毒が入っている部分(刺胞)のデータなどで同種と確認した。

01年には米国人研究者がニューカレドニアやパラオ深海で再発見している。しかし国内では、標本が第二次世界大戦の戦禍を免れるためミュンヘンの博物館から疎開させられ、長い間、所在不明になっていたことや、似ている別のイソギンチャクと混同されていたことで、未発見になっていたそうです

すごいなぁ
posted by かーくん at 11:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。