2015年11月03日

千原ジュニア

18歳年下の女性と結婚したお笑いタレントの千原ジュニア(41)が2日、日本テレビ系の番組「しゃべくり007×1分間の深イイ話」に出演し、結婚を決めた理由について明かした。決めては「お釣りと領収書」だったという。

ジュニアは夫人のお金に対する姿勢をあげた。ジュニアは「われわれの飲み会に来る人は芸能人に慣れている。タクシー代をこっちが出すのを当たり前だと思っている人が多いから、そうじゃない人のほうがいい」と芸能人と飲み慣れていてお金を出すのが当たり前と思っている女性との交際には二の足を踏むことを告白した。

しかし、夫人と結婚前にデートしたとき、帰り際にタクシー代としてお金を渡すと「次、会ったときに『ありがとうございます』と言って封筒をくれて。お釣りと領収書があった。『なんや、これ!』と。今までそんなことなかった」とうれしそうに語った。

ジュニアは今までに付き合った女性と破局した理由の一つもあげた。これも金銭感覚に関するもので、2人でアクセサリーを買いに行ったとき、同じ形状のものながら値段が「ピンからキリまであり」、女性が迷ったという。ジュニアが「どれでも選んだら?」と促すと、その女性は一番高いものを選んだことからジュニアは「心のシャッターを降ろした」そうです

そおいうところに本性がでますよね
ラベル:千原ジュニア
posted by かーくん at 12:29| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。