2015年09月11日

亀梨和也

ジャニーズのファンクラブ事務局が初めて、ファンに対しての「舞台鑑賞マナー注意」のメールを送っていた。10日までに「KAT-TUN」のファンクラブ会員に対して送信していた。

長年のジャニーズファンは「ファンにこのような注意が送信されたのは初めてとのことです。そもそもジャニーズファンは、ファンの中から自然とリーダーが生まれ、そのリーダーが仕切って、おっかけや掛け声のルールが決まります。だから事務所はわざわざファンに注意なんてしないんです。それなのに7日の亀梨くんの舞台で禁断のマナー破りが行われてしまったようなんです」と明かす。

その舞台とは、亀梨和也主演の「青い種子は太陽の中」のこと。現在大阪で公演中だ(13日まで)。

このメールが送られてきた原因となったマナー破りとはどのようなものだったのだろうか。

ジャニーズ関係者は「7日の舞台でマナーの悪い客がいたのです。座席は最前列ど真ん中。大きな帽子を被りっぱなしで、係員から注意されて、ようやく脱ぎました。その後、開演されてもおしゃべりを止めない。熱演する演者の唾が飛び掛かってしまった後には、前かがみになって大爆笑で、シーンを台無しにしてしまったんです」と語る。

しかも亀梨はこれまで「ドリーム・ボーイズ」など、ジャニーズ事務所主催で、ジャニー喜多川社長が作、構成、演出を手がけた舞台だけに出演。今回は蜷川幸雄演出のいわゆる“外部”の舞台だった。観客は亀梨ファンだけでなく、蜷川演出ファンもいるのだ。

そのため共演者からも同日ツイッターで注意喚起していた。

マリー役の花菜は「今日、観劇のマナーを守れなかった方がいらっしゃいました。ご観覧いただく際にはマナーを守っていただき、みんなで気持ちよい環境に出来るようにご協力いただけるとうれしいです」と指摘。また共演者の笹野鈴々音は「本日夜公演でマナーを守れない、もしかしたら守り方を知らなかったかもしれないお客さまがいらっしゃいました。本日の出来事は座長の亀梨さんもとても悲しんでおられました」とつぶやいている。

「ファンクラブからの注意メールは、亀梨からの指示だった。大阪と言えば今夏、KAT-TUNのファンミーティングで、キャーキャー騒ぎ続けるファンがいて、あまりにうるさいから亀梨が 『静かにしてください』と異例の土下座をしましたね」と前出関係者。

亀梨も大阪にはうんざりしてるかもしれないですね
ラベル:亀梨和也
posted by かーくん at 21:37| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。