2021年08月28日

宮迫博之

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」を解散した宮迫博之が、当面休止するとしていたYouTube配信を1週間で再開し、27日に最新動画をアップした。

 解散後初の通常動画で、「素人がバーディー獲るまで帰れません!をやったら地獄の始まりでした」のタイトルで投稿。山梨県のゴルフ場で、スーパーアドバイザーに中井学氏、見届け人に水原ゆきが登場し、日没を期限にした挑戦を行った。

 宮迫は再開を発表した26日の動画で、元相方の蛍原徹とは良好な関係となり、「蛍原さんが、その企画ええやんと言ってくれた企画を、さっそく撮ってきました」「結果も報告して、笑ってくれました」と明かしていた。

 ゴルフ動画に対しては「蛍ちゃんがいいって言ってた企画ですね」「やっぱりゴルフだった 蛍ちゃんがいいって言ってたので」「いつか蛍原さんとゴルフ対決とか出来ると良いですね」とのコメントが集まっている。
ラベル:宮迫博之
posted by かーくん at 09:05| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月27日

宮迫博之

活動休止していた宮迫博之(51)が26日、自身のユーチューブチャンネルに「今後のYouTubeでの活動に関してご報告があります」と題した動画を公開し、27日からの動画配信再開を報告したようです

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」は今月17日に電撃解散。同日配信された「アメトーーク特別編」(ABEMA)で相方の蛍原徹(53)と最後の共演を果たしたが、解散の舞台裏が漏れ伝わると宮迫に批判が殺到した。

 これを受け、宮迫は20日にユーチューブ配信を「暫くの間休止」と発表。関係者によると「本気で落ち込んでいた。復帰には時間がかかると聞いていたが…」という。

 それが急転直下の活動再開。動画で宮迫は「本当にご心配をおかけして申し訳ございません」と謝罪し「改めて明日からまた動画を配信しようと思います」と宣言した。

 わずか1週間での復帰について「しばらく休むって言ってて1週間って早いんじゃないみたいなこともあると思うんですけども、止まっていてても何も解決しないというふうな気持ちに至りました」と説明。解散を発表したABEMA特別番組後、宮迫は多くの芸人と連絡を取り合ったという。

 一番は元相方の蛍原徹だと明かし「いろんな臆測記事があると思うんですけど、今は元相方の蛍原さんとよりも友達のホトとちゃんとして付き合ってくれてます」と語った。

 その上で宮迫は「やっぱり、僕ができるのはユーチューブという場所しかないので、そこでみんなを元気づけられたり笑顔にできるようなことをやっていきますので、そこを期待していただきたいなと思います」と前を向いた。

 スピード復帰の裏には蛍原への贖罪≠フ気持ちも強いという。解散後、宮迫だけでなく、蛍原のユーチューブチャンネル「ホトゴルフ」のコメント欄には「宮迫さんを返してください」「ほとちゃんのせいで宮迫のユーチューブ見られなくなったので宮迫が復帰するまで低評価押す」など中傷が殺到。これに心痛めたのが宮迫だという。

「宮迫さんの熱心なファンが書き込んでいるという報道もあった。活動休止期間が長ければ長いほど、蛍原さんに対して『おまえのせいで!』となりかねない。その辺りを考慮して活動再開を急いだのだろう」とは宮迫を知るお笑い関係者。

 その気遣い、もっと早くにできていれば…。
ラベル:宮迫博之
posted by かーくん at 08:24| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月26日

感染した子どもの見分けるポイント

子供が感染しているのか、いないのか。厚生労働省は、4つを見分けるポイントとしてあげています。

(柳沢)
 1.原因不明の発熱だったり
 2.呼吸が苦しそうだったり
 3.食欲がなかったり
 4.ぐったりしていたり。

 こういった症状が見られたらすみやかにかかりつけ医に相談してください。

 また、新型コロナウイルス以外にも、他の病気にかかっている可能性もありますので、こういった症状が見られたら、早くお医者様に相談するのがいいですね。

(夏目)
 この4つに関しては「食欲がない」「ぐったりしている」このあたりはわかりやすいのかなと思います。

 山本さん、原因不明の発熱。だいたい何度以上の発熱であるとかそういった目安はあるのでしょうか?

(名大病院 山本尚範医師)
 これは検査をしないとわからないということになると思います。
 今はやはりコロナがすごく多いので、子供さんであれ大人であれ、熱がある方は、コロナの可能性を疑って診察を受けていただくということが大切だと思うんですね。

(夏目)
 「呼吸が苦しい」というのはどういったことが危険サインになってくるのでしょうか?

(名大病院 山本尚範医師)
 呼吸が苦しいかどうかっていうのは、なんとなく普段と違うなってその感覚が一番大事なんですけれども、特に、呼吸が強くなると子供さんだと「鼻が吸い寄せられるような呼吸」とかですね。

 あとは「呼吸の回数が普段よりはやい」とか、「胸のところがペコペコいつもより動く」とか。

 そういうちょっと動きが強くなってきたとき、呼吸がはやくなってきたときは少し注意をしていただくと。病院にかかっていただくということが大事だと思います。

(夏目)
 こういった症状、自分で説明できるお子さんならいいんですけれども、もし説明できない場合は、そうした異変に保護者の方が気づくということが大事になってくるかと思います。

(大石)
 山本さん、若い人の中では「やっぱり副反応が心配」など不安を抱えている方もいて、保護者の方も打たせていいのかどうか迷っている方も多いと思いますけども、この辺はどう考えればいいですか?

(名大病院 山本尚範医師)
 「必ず打って」ということではもちろんないんですけれども、子供さんに異物が入ったり副反応が起きることを恐れられる保護者の方の気持ちよくわかります。

 と同時にかかってしまった場合の後遺症と、ワクチンでそういったことが基本的に防げるであろうということも、比較して考えていただくのが大事かなと思います。

(大石)
 だから「打つリスク」「打たないリスク」を踏まえて判断していただきたいということですよね。
posted by かーくん at 06:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする