2021年07月19日

熱中症に厳重警戒

19日(月)は、西日本〜北日本の広い範囲で晴れて厳しい暑さになる見込み。35℃以上の猛暑日になる所が多く、危険な暑さになるため、熱中症に厳重に警戒したい。
 台風6号は、発達しながら沖縄地方に接近する見込み。南西諸島では、高波に警戒し、強風に注意・警戒。

広い範囲で体温並みの危険な暑さに 熱中症に厳重に警戒
19日(月)予想最高気温の分布

 19日(月)も太平洋高気圧が西日本〜北日本を覆うため、全国の広い範囲で晴れて気温が上昇し、35℃以上の猛暑日の所が多くなる見込み。予想最高気温は、若松市(福島県)、前橋市、熊谷市、豊岡市(兵庫県)で37℃、山形市・盛岡市、福島市、大阪市、鳥取市などで36℃と体温並みの暑さになりそうだ。意識的に水分補給をし、できるだけ冷房の効いた部屋にいるなどして、暑さを避ける行動をとりたい。

19日(月)昼過ぎの発雷確率

 また、気温が上がる午後は、西日本〜東日本の内陸を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に雷雨のおそれがある。一方、湿った空気が流れ込む九州や四国の南東斜面も激しい雷雨の所がある見込み。土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒。

台風6号は23日(金)にかけて沖縄へ接近するおそれ 南西諸島は強風や高波に警戒
19日(月)午前3時の台風6号の位置と予想進路

 台風6号は、日本の南を北上し、次第に進路を西よりに変え、23日(金)頃にかけて沖縄地方へ接近する見込み。南西諸島では、20日(火)にかけて、非常に強い風の吹く所があり、うねりを伴って大しけとなる見込み。高波に警戒し、強風に注意・警戒。西日本の太平洋側も高波に注意。
 また、南西諸島では、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となるため、局地的に激しい雷雨になるおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒し、落雷や竜巻などの激し

 今週は、前半まで全国的に厳しい暑さが続く見込み。梅雨明けがまだ発表されていない四国地方もまもなく梅雨明けが発表されそうだ。
 西日本や東日本では、35℃以上の猛暑日が週の後半まで続く所があるため、暑さの戦いは長期戦になりそう。疲労もたまるため、夏バテしないよう、一層、体調管理に十分注意したい。
posted by かーくん at 09:10| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

感染拡大

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。17日の全国の感染者数は午後8時現在で新たに3886人が確認され、4日連続で3千人を超えた。首都圏・関西圏を中心に、北海道や鳥取県など地方でも感染ペースが加速し、「第5波」が日本列島に広がりつつある

 東京都は17日、4日連続の1千人超えとなる1410人の感染者を確認した。前週の10日と比べて460人増え、28日連続で前週の同じ曜日を上回った。17日までの1週間平均の新規感染者は「第3波」の1月27日以来の1千人台となる1012人で、前週の1・4倍に増えた。都の担当者は「現在の感染状況はとても危険な状況だと認識している」としている。

 神奈川県では539人の感染を確認し、2回目の緊急事態宣言が出ていた1月24日以来の500人台に。埼玉県は318人、千葉県は244人でともに4日連続で200人を上回った。北海道でも111人が確認され、6月12日(125人)以来の100人台となった。

 西日本でも拡大が続く。大阪府は17日、380人を確認し5日連続で200人を超えた。1週間前の10日(200人)から倍近く増加。兵庫県も122人が確認され、6月2日以来45日ぶりに100人台となった。

 鳥取県では29人の感染を確認。3月30日の20人を上回り、過去最多となった。平井伸治知事は17日に会見を開き、米子市や境港市など県西部を対象に県独自の「厳重警戒宣言」を出し、不要不急の外出自粛を呼びかけた。22日からの4連休を前に、飲食店に営業時間の短縮を求める方針。
ラベル:感染拡大
posted by かーくん at 08:33| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月17日

華原朋美

恋多き歌姫は、コロナ禍でもひっそり、新たな愛を育(はぐく)んでいた。

小雨がぱらつく7月中旬。都心にある高級マンションから、子供を連れた一組のカップルが姿を現した。ラフなオールインワン姿の女性は、歌手の華原朋美(46)だ。傍(かたわ)らには、ややガッチリとしたスポーツマン体型の男性

二人はもうすぐ2歳になる華原の愛息の手を引き、仲良く近所のコンビニに入っていく。デザートコーナーへ足を運ぶと「これ、これ! 美味しいんだって〜〜」と華原は熱心に男性に話しかけている。会計中には、息子を「高い高い〜〜」と持ち上げてじゃれ合うなど、終始笑顔。再び3人で手をつなぐと、真っ直ぐ華原の自宅マンションへと帰っていった。

現在、シングルマザーとして、たった一人で子育てに励む華原を支えているのがこの男性、新恋人のAさんだ。

「Aさんは、イベント会社のヤリ手社長で、今年3月からは華原さんの専属マネージャーも務めています。『アウト×デラックス』(フジテレビ系)のダイエット企画など、今年に入り、華原さんのテレビでの露出が増加しているのも彼の手腕によるところが大きい。会社経営で培った辣腕(らつわん)を発揮し、華原さんをサポートしています」(テレビ局関係者)

華原と言えば、昨年8月末をもって所属していた『プロダクション尾木』を退所。さらに本誌’20年9月25日号が報じたように、ベビーシッターによる愛息への虐待疑惑で友人の高嶋ちさ子(52)と大モメするなど、公私ともに波乱の多い一年となった。しかし、それが逆に二人の距離を近づけたという。

「二人の出会いは2年半ほど前。朋ちゃんが出産前最後のイベントに参加したとき、仕切りをしていたのがAさんでした。それからしばらく関わりはなかったのですが、事務所を辞めたことをきっかけに、昨年秋ごろから再び仕事で関わるようになった。仕事でもプライベートでも大変な時期を過ごした朋ちゃんの負担を減らしたいと、次第にAさんが子供の世話や生活のフォローをするようになっていきました。

そのうちにお互いに離れられない存在になっていったようです。子供もずいぶん懐(なつ)いているようで、Aさんが保育園への送迎を行うこともあるそうです。二人とも多忙なので、少しでも一緒にいる時間を増やそうと、最近はほとんど、二人は朋ちゃんのマンションで生活を共にしていると聞いてます」(華原の知人)

公私両面を支える最愛のパートナーと新たな生活をスタートさせた華原。はたしてこれが最後の恋となるのか……。吉報を楽しみに待ちたい。
ラベル:華原朋美
posted by かーくん at 08:56| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする