2021年03月19日

4都県飲食店 午後9時 3月末まで継続

新型コロナウイルス対策として首都圏に発令中の緊急事態宣言が21日で解除されることを受け、4都県知事は18日、今後の対応を協議するテレビ会議を開いたそうです

 感染再拡大を防ぐため、飲食店に対する営業時間の短縮要請を段階的に緩和する方針を確認。これまでの「午後8時まで」から「午後9時まで」とし、月末まで継続する。

 首都圏のうち、東京都では新規感染者数が増加傾向に転じる兆しがある。都は18日、感染状況を分析するモニタリング会議を開催。出席した専門家は「花見や歓送迎会などの行事で、例年通りに人の流れが増加すれば、年末年始を超える感染の急激な拡大も危惧される」と警告した。

 4都県知事は住民に対し、解除後も不要不急の外出自粛を要請する。宴会を伴う花見や歓送迎会、謝恩会は控え、「3密」回避など基本的な対策を求める共同メッセージをまとめた。

 会議で埼玉県の大野元裕知事は「人出が増加している」と警戒感を示し、神奈川県の黒岩祐治知事は「感染者数が下げ止まっているのか増え始めているのか分からない状況での解除で、緊張感を持っている」と強調。東京都の小池百合子知事は「リバウンドを起こさない行動を強く呼び掛けていく必要がある」と訴えた。

 1月8日の緊急事態宣言発効後、4都県は飲食店などに午後8時までの時短を要請。応じた店舗に支給する協力金は現在の1日6万円から、午後9時までに緩和した後は4万円にする。4月1日以降の対策については改めて調整する。 
posted by かーくん at 07:23| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月18日

勝地涼

勝地涼と前田敦子の離婚が、避けられない状況になっている。

「離婚協議に入っていることを今年1月に一部スポーツ紙が報じました。2人が結婚したのは'18年7月。翌年3月に長男が生まれていますから、いわゆる“デキ婚”ですね。しばらくは順調な結婚生活を送っていましたが、'20年の春ごろから関係にひびが入ったと言われています」

 前田の仕事が忙しくなると、育児をめぐって意見がすれ違うように。

「サポートを受けやすいよう、2人は前田さんの両親が住むマンションで暮らしていました。勝地さんも育児を手伝っていましたが、夜遅くまで飲み歩くこともあり、'20年6月に別居が発覚。勝地さんがマンションを出て、別宅で暮らすようになりました。あくまで冷却期間だということでしたが、関係修復は不可能と判断し、離婚協議に入ったようです」(同・スポーツ紙記者)

 結婚生活がうまくいかなかったことで、勝地は自責の念にかられているらしい。というのも、彼にはもうひとり特別な存在の女性がいたからだ。

「正直、あのころに戻りたい」
「前田さんとの結婚は意外でしたね。てっきり、まりかちゃんと結婚すると思っていましたから。最近の様子を見ていると、“彼女と一緒になっておけばよかったのに……”と同情してしまいます。昨年の夏ごろからは、勝地くん本人が“正直、あのころに戻りたい……”なんて漏らすことも。楽しかった思い出を振り返って、後悔しているみたいです」(勝地の知人)

“まりかちゃん”とは、女優の松本まりかのこと。

「松本さんは'18年のテレ朝系ドラマ『ホリデイラブ』で一躍ブレイク。“あざとかわいい”キャラが注目を浴び、当時インスタグラムのフォロワー数が5倍に跳ね上がりました。その後も活躍を続け、最近では酎ハイのCMで『はじめてのチュウ』を歌い、持ち前の“あざとかわいさ”に磨きがかかっていますね」(テレビ誌ライター)

 2人が出会ったのは'00年のこと。ドラマ『六番目の小夜子』(NHK)で共演している。当時、勝地は中学2年生の14歳、松本は高校1年生の16歳だった。

「かわいらしい見た目に反して芯がしっかりしているまりかちゃんに勝地くんが惚れて、猛アタック。当時は公園でよくデートしていましたね。ただ、人気者で女友達も多かった彼にまりかちゃんが嫉妬してケンカになったようで、3か月くらいで別れてしまいました。勝地くんは彼女のことが忘れられず、彼のほうから連絡してまた交際が復活したそうです。そこから、付き合ったり別れたりを繰り返していましたよ」(前出・勝地の知人)

 その言葉どおり、勝地は過去の雑誌のインタビューで、当時のことを語っていた。

《中学から高校にかけて、何度もつきあったり別れたりした彼女がいました。(中略)渋谷のカラオケボックスで友達みんなで一緒に遊んだとき、見た目はすごい女の子らしい感じの人なんだけど、しゃべってみたらサバサバしてて、その時点で僕はもう好きになっていましたね》(『JUNON』'07年5月号)

 昨年10月には、松本も自身のインスタグラムに『六番目の小夜子』で同じく共演した山田孝之の誕生日を祝う文章を投稿。撮影当時についてこう振り返っている。

《よくみんなで渋谷のNHKまで通ったね。公園通り。センター街。PARCO。宮下公園。青春時代。まだ、そのままの姿で撮れる初期型プリクラ撮ったりして。落書きして。カラオケ行ったりして》

勝地の母を訪ねてみると……
 輝かしい青春の思い出をともに過ごしていた2人には、こんな甘酸っぱいエピソードまで。

《彼女とは全てが自然に回っていって、いつのまにかつきあってるような状態だったんですよ。でも、最終的には自分から告白しました。中2の終わりだったかな。いつもの公園で「好きなんだけど、つきあわない?」って感じで。彼女はその言葉を待ってたみたいで、驚いた様子もなく「そうだね」って》(『JUNON』'07年5月号)

 当時は人間関係が広がっていく時期で、たびたび離れることもあったという。それでも、お互いに特別な存在だと考えていたようだ。

「勝地くんが高校に入ってからは、学校終わりに2人で一緒に帰ったりもしていましたね。お花屋さんを営む彼のお母さんにも紹介していたみたいです。まりかちゃんは、よくお店に遊びに行っていましたよ」(前出・勝地の知人)

 親も認める仲だったのだ。仕事仲間にも、交際をオープンにしていたらしい。

「'13年に松本さんが演劇集団『城山羊の会』の公演に出演したのですが、客席には勝地さんが見に来ていましたよ。松本さんは周囲に彼との交際について話していて、芝居仲間はみんな付き合っていることを知っていました」(舞台関係者)

 関係は途切れながらも10年以上にわたって続いていたが、勝地はほかにも多くの熱愛を報じられてきた。

「'08年には池脇千鶴さんと西麻布の隠れ家風レストランでのデートがキャッチされています。同時期に14歳年上の高岡早紀さんとの関係も噂されました。池脇さんとはTBS系のドラマ『少しは、恩返しができたかな』、高岡さんとは舞台『蜉蝣峠』の共演から交際が始まったようです」(前出・スポーツ紙記者)

 '13年には週刊女性がドラマ『サマーヌード』(フジテレビ系)で共演した戸田恵梨香との手つなぎデートを報じている。2人で戸田の両親に会いに行ったこともあり結婚間近と思われたが、'16年に破局した。

 多くの恋を経験しながらも、松本のことが忘れられなかったのだろうか。

 2人の関係について聞くため、3月上旬に勝地の母を訪ねた。

─松本まりかさんについてお聞きしたいのですが。

「…………」

─お店にも遊びに来ていたそうですね。

「…………」

 質問を重ねたが、無表情のままひと言も答えず、自転車に乗って去っていった。

 前出の『JUNON』のインタビューでは、松本と復縁したときのことも語っていた。

《どうしても忘れられなくて、しばらくしてメールを送ったんですよ。そしたらすぐに返事が来て、また自然にメールのやりとりが始まって。(中略)自分の気持ちを再確認して、もう一度つきあうことになったんです》

 離れがたい絆で結ばれていた2人。未練を断ち切れていない勝地は、CMで松本が歌う『はじめてのチュウ』を聴いて、何を思うのだろうか。
ラベル:勝地涼
posted by かーくん at 08:51| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

水樹奈々 出産

声優で歌手の水樹奈々(41)が16日、自身のブログで先日第1子を出産したことを報告したようです

おめでとうございます

 水樹は「私事で大変恐縮ですが、先日無事に第1子を出産しましたことをご報告させていただきます。予定日より早めの出産になり、とても緊張しましたが、母子共に元気で経過も順調です」と報告。

 また、「初めて抱っこした時、感動で涙が溢れたと共に、目に入れても痛くないとはこういうことか!!と実感(笑)」とママになった感慨をつづるとともに、「ここまでサポートしてくれた家族とスタッフのみなさん、そして見守ってくださったファンのみなさんに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです」とした。

 今後は「これからママとして奮闘の日々が始まりますが、身体のケアもしっかりしながら、お仕事も頑張っていきたいと思っています! みなさん引き続き、温かい目で見守ってやってください!!」と呼びかけている。

 水樹は昨年7月に音楽関係者の男性と結婚。同年11月に妊娠を発表していた。
posted by かーくん at 09:04| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする