2021年02月19日

杜このみ

大相撲の小結高安(30=田子ノ浦)がパパになったことが18日、分かった。妻で演歌歌手の杜このみ(31)が17日に第1子となる女児を出産した。母子ともに健康という

おめでとうございます

出産後も歌手活動を続ける杜は昨年8月に妊娠を公表した際「男の子だったらお相撲さんになってもらいたいけど、その代わり女の子だったら、演歌歌手にするからねと言っています」と話していた。

妻の体調を気遣ってきた高安も子どもの誕生を楽しみに、土俵で奮闘してきた。昨年の7月場所から4場所連続勝ち越し中で、今年1月の初場所は小結で9勝を挙げた。大関復帰へ向けて順調に番付を戻しており、今後へ向けても愛娘の存在がさらに励みになりそうだ。
ラベル:杜このみ
posted by かーくん at 07:41| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

中居正広

《公益のため多額の私財を寄附したので、令和三年一月三十日、紺綬褒章並びに賞杯を授かった者は、次のとおりである》

2月9日付の官報により、紺綬褒章を受章したことがわかったのは中居正広(48)。全国紙の社会部記者は次のように解説してくれた。

「紺綬褒章は国や地方公共団体などに私財を500万円以上寄付した人を対象に、審査を経て授章が決定します。中居さんの場合は、さらに賞杯、漆塗りの木製の杯も授与されており、これは1500万円以上を寄付した人が対象となります。

彼は昨年に『東京コロナ医療支援基金』に1000万円、また『新しい地図』と日本財団が共同で設立した“LOVE POCKET FUND(愛のポケット基金)”にも1000万円寄付したと報じられています」

ほかの寄付も含めれば1年間で2000万円以上! 中居の“寄付歴”について、スポーツ紙のデスクはこう語る。

「私が調べた限り、いちばん古い記録は26年前の'95年3月です。SMAP初期の名曲の1つである『がんばりましょう』が、この年の春の選抜高校野球の入場行進曲に採用されたこともあり、開会式を中継したラジオ番組に、中居さんが電話出演しました。

阪神・淡路大震災から2カ月後のことです。中居さんは『被災地の人を勇気づけられるよう、一生懸命頑張ってください』と、高校球児たちにメッセージを送り、この日の出演料を全額、ラジオ局の義援金係に寄付したのです」

■チャリティを巡ってジャニーさんに抗議したことも

実は阪神・淡路大震災のチャリティ活動については、中居にとって、ほろ苦い思い出もあるという。

「ジャニーズ事務所によるチャリティ活動の一環として、'97年に関西出身メンバーがいるグループにより、J-FRIENDSが結成されました。当時、この活動に入れなかった中居さんはジャニー喜多川さんに猛抗議したと聞いています。後輩たちが必死に復興を呼びかけるなか、自分たちが携われないことに忸怩たる思いを抱いたからだそうです」(音楽関係者)

そんな思いもあったからか、'11年3月に東日本大震災が発生すると、中居は迷わずに行動を起こしたという。

「10日後には『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の生放送を実施し、ライブコーナーでは『がんばりましょう』を披露、そして復興支援のための寄付を呼びかけたのです。

特に中居さんはオフに、友人たちと福島に入って、がれきの撤去や炊き出しに力を注ぎました。当時の彼は、『偽善と言われることに不安もあったけれど、今はそんなことを言っている場合じゃない』と、語っていました。

継続的に義援金を呼びかけていた『SMAP×SMAP』が終了した後は、スタッフと相談し、自身のラジオ番組で呼びかけを続けることにしたのです」(前出・スポーツ紙デスク)

■2人の父から学んだのは倹約とチャリティ精神

東日本大震災発生後の3カ月で、SMAPメンバー5人が日本赤十字社に寄付した義援金は少なくとも総額4億円以上。

「そのうちの2億円を中居さんが寄付したとの報道もあります。もし仮にそこまでではなかったとしても、'16年のテレビ番組で彼は『3月11日の前後は(毎年)必ず義援金を出している』と語っており、また震災以外でも寄付を続けていますからね。26年間でトータル2億円はくだらないはずです」(前出・スポーツ紙デスク)

なぜ中居はそこまで寄付に尽力するのか? その陰には“2人の父”の存在があるという。まず前出のスポーツ紙デスクによれば、

「彼は10代のときに雑誌のインタビューで“貧しいなか3人の子供を育て、野球までさせてくれた両親を尊敬している。恩返しがしたくて芸能活動を頑張っている”などと語っています。'15年2月19日に逝去した実父・正志さんは経済的に恵まれない時期でも、明るさや人への思いやりを忘れない男性だったそうです。

“ガムテープで補強された椅子を使い続けている”“セロハンテープで蓋を閉めた炊飯器を愛用していた”といった質素倹約エピソードも多い中居さんですが、お父さんも物欲がまったくない人だったとか。

芸能界でブレークした後、父の日にプレゼントをしようとしたら、“俺を父親にしてくれた子供たちに感謝する日なんだから、お祝いはいらない”と、断られたと明かしたこともあります。自分のためよりも、困っている人のためにお金を使うという中居さんの姿勢も、正志さんの影響を受けているのだと思います」

2月13日に放送されたラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で、中居は、「毎日お酒飲むたびにやっぱ思いだすんだよね」と、正志さんを偲んでいた。

影響を受けたもう一人の“父”は、故・ジャニー喜多川さんだ。

「ジャニーさんの遺志により、日本赤十字社に対し、ジャニーズ事務所から5億円が贈られたことも記憶に新しいところです。ジャニーさんはアメリカでエンタテインメントを学ぶと同時に、チャリティ精神の大切さも学んだそうです。

そして事務所設立当初から、チャリティ精神の大切さをタレントたちに教えてきました。その精神をいちばん強く受け継いだのが中居さんなのです」(前出・音楽関係者)

中居が熱心に寄付を続けているのは、2人の亡き父への恩返しという意味もあるからなのだろうか。自宅では実父・正志さんの仏壇の横にジャニーさんの遺骨が安置されているという。銀色に輝く褒章は、その前にささげられることだろう。
ラベル:中居正広
posted by かーくん at 09:01| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

ファミリーマートが消費者金融事業

ファミリーマートが消費者金融事業へ参入する方針を固めたことが、ダイヤモンド編集部の取材で分かった。スマートフォン決済アプリ「ファミペイ」を活用し、個人に小口の資金を貸し付け、コンビニ店頭などでの購買を活性化させることが狙いだ。(ダイヤモンド編集部 中村正毅)

● ファミマが消費者金融事業に参入 コンビニ店頭購買を促す

 コンビニチェーン大手のファミリーマートが、今夏をめどに消費者金融事業へ参入する方針を固めたことがダイヤモンド編集部の取材で分かった。スマートフォン決済アプリ「ファミペイ」を活用し、個人に小口の資金を貸し付け、コンビニ店頭などでの購買を活性化させることが狙いだ。

 消費者金融事業は、ファミマの完全子会社ファミマデジタルワンを通じて展開する。サービスを始める予定の今夏までに、デジタルワンが貸金業者としての行政への登録を済ませる計画だ。

● 与信管理は新生銀行グループと連携 つけ払いサービスも検討

 ファミマは現在、自社グループでのクレジットカードで、すでに個人向けのキャッシング(貸し付け)サービスを提供している。一方で、クレカを持たない個人への貸し付けにおいては、返済能力の審査といった与信管理のノウハウを持っていない。

 そのため、消費者金融事業に強みを持つ新生銀行グループと連携し、審査などの与信管理機能を提供してもらう方向で調整を進めている。

 数万円といった小口の貸し付けを想定しており、ファミペイに紐づけてある銀行口座に入金する仕組みにする方針だ。

 ファミマはこのほかにも、ファミペイを活用した商品購入代金の後払い(つけ払い)サービスや、1日単位で利用できる保険商品の販売も検討している。

 金融サービスのメニューを拡充することで、ファミペイの利用促進にもつなげる狙いだ。

 大手コンビニチェーンではセブン-イレブン・ジャパンが2001年からセブン銀行でのATMサービスを開始したほか、ローソンも18年にローソン銀行を立ち上げて銀行業に参入した。一方のファミマは、大手コンビニチェーンで唯一、銀行業の免許をこれまで持ってこなかった。

 ただ現在は、金融とITが融合したフィンテックの台頭によって、金融サービスの垣根が低くなり、より低コストで提供できる環境になっている。

 そのため今後も銀行機能は持たず、銀行など金融機関や親会社の伊藤忠商事などと連携しながら、ファミペイを通じて総合的な金融サービスの提供を目指す。
posted by かーくん at 09:23| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする