2021年01月22日

ムロツヨシ

俳優のムロツヨシが実写映画初主演を飾る「マイ・ダディ」が、今秋に公開されることがわかった。本作は、映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILMS(TCP) 2016」で準グランプリに輝いた「ファインディング・ダディ」を実写映画化したもの。ムロは牧師で、中学生の娘とふたりで暮らすお人好しな主人公・御堂一男を演じる

 「TCP」は、これまで「嘘を愛する女」「ブルーアワーにぶっ飛ばす」など良質な作品を世に送り出してきたプロジェクト。「ファインディング・ダディ」は、金井純一監督が、TCPへの応募422作品のなかから準グランプリを獲得した企画だ。映画版のタイトルは「マイ・ダディ」に決定。金井監督がメガホンをとり、ドラマ「ミス・シャーロック Miss Sherlock」で知られる及川真実と共同脚本を手掛けている。

 小さな教会の牧師として働く一男は、中学生の一人娘を男手ひとつで育てている。8年前に最愛の妻を亡くして以来、苦労がないと言えば嘘になり、決して裕福とは言えないが、幸せな日々を送っていた。儲からないけれど皆からは牧師として慕われ、掛け持ちしているアルバイトでも周囲から頼られている。今は難しい年頃だが、娘も素直な良い子に育ってくれている。しかし、一男はある日、娘が病魔に侵されているという信じられない事実を突きつけられる。

 2021年で役者を始めて25年、明日1月23日に45歳を迎えるムロは、「この物語の父になりたいと思いました。この役というより、この父になりたいと。こういう話があるんだけど、と渡された台本。2時間後に『やらせてください』と連絡していました」と、物語への愛を語る。「それから数年かかってしまって、なんちゃらウィルスのため撮影も延期。それでもここで、この映画製作のお知らせができることに、ただただ喜んでいます。この父をやりきってきました。どうか、どうか、覚えておいてください。そして見たいという期待を持ってください」と願いをこめた。

 大学在学中からドキュメンタリーなどの映像作品を製作し、13年に「ゆるせない、逢いたい」で商業映画デビューを果たした金井監督は、「人々の心を動かす映画を作るためには、俳優とタッグを組むことが不可欠だと思っています。今回、ムロツヨシさんとタッグを組ませていただきました。しかもムロさんにとって、この作品が映画初主演となる。この映画だけは、絶対に失敗できない。監督として尋常じゃないプレッシャーのもと、撮影に臨みました……と言いたいところですが、ムロさんのお人柄もあり、とてもいい緊張感の中で撮影ができました」と述懐。さらに、「映画のテーマは『愛』。脚本に4年以上かけました」「映画の中に、今まで見たことのないムロさんがいます。だいぶハードルを上げていますが、それを超えていける映画だと思います」と期待をあおった。

 「マイ・ダディ」は、20年12月6日に撮影がスタートし、同月24日にクランクアップ。今秋に公開される。
ラベル:ムロツヨシ
posted by かーくん at 07:35| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

NEWS加藤

西條奈加さんの「心淋(うらさび)し川」(集英社)が受賞作に決まった第164回直木賞。候補6作に入っていた加藤シゲアキさんの「オルタネート」(新潮社)は受賞を逃した。アイドルグループ「NEWS」メンバーで、作家としても活動している加藤さん。今回の選考過程でも筆力を評価する声は多かった

 「とっても惜しかった。個人的には、もう少しで取れたと思います」

 20日に東京都内で行われた選考会の直後、選考委員を務めた北方謙三さんはこのように振り返った。

 「オルタネート」は、 高校生限定のSNSマッチングアプリをめぐる現代の若者の群像劇を描いた青春小説。10万部のベストセラーになっており、文芸編集者からも「小説の腕を格段に上げている」などと評価されていた。

 選考では、候補6作のうち上位4作に入った。文章の冗漫さや「物語としての破綻のなさ」を指摘する意見があった一方で、青春小説として非常によく書けていると評価する声も多かった。ただし、西條さんの「心淋し川」がより圧倒的な支持を集めたため、直木賞受賞には至らなかった。

 ハードボイルド小説、歴史小説の大家である北方さんは、作家としての加藤さんの今後に期待を寄せる。

 「私は青春小説としてよく書けていたと思ったし、強く推しました。加藤さんには今後、小説の細部にこだわるのではなく、表現を突き抜けて、深いところにドーンと入っていくような小説を書いてほしい。私はそう切望しました」
ラベル:NEWS加藤
posted by かーくん at 09:21| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

白州12年 数量限定再販

 サントリースピリッツは19日、販売休止(休売)中の国産シングルモルトウイスキー「白州12年」について、3月30日に数量限定で再販売すると発表した。サントリーは、国産ウイスキー人気の高まりで原酒不足に陥り、休売や出荷調整などの対応を続けている。白州12年も平成30年6月に休売したが、ブランド価値を維持するため再販売に踏み切る。

 白州12年は山梨県北杜市の「白州蒸溜所」で12年以上熟成された原酒のみで造られ、アルコール度数43%、700ミリリットル入り瓶で希望小売価格税別8500円と、休売前商品と規格・容量は変わらない。年間販売数量は非公開。瓶に貼るラベルは手漉きの越前和紙を採用、英字ロゴの色も変更した。

 白州ブランドは、年数表記のないノンエイジ品「白州」のほか、「白州18年」「白州25年」の3品目を出荷調整をしながら販売中。一方で、原酒不足を補うため、今回再販する「白州12年」は休売、「白州10年」は平成25年に販売終了とした。サントリーはこのほか、「響17年」や「白角」「角瓶<黒43度>」が休売に、「山崎10年」も販売終了に追い込まれた。事業継続に向けた原酒確保のため、直近5年で約350億円をかけ、貯蔵庫や蒸溜窯といったウイスキー製造に必要な設備投資を行ってきた。

 今回の再販についてサントリーは「出荷調整は継続しないといけない状況だが、ブランドとして顧客接点を継続的に持つのも重要だ。中長期的に供給できる体制が整ったため、再販を決めた」という。
posted by かーくん at 07:32| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする