2020年09月15日

加藤茶

ザ・ドリフターズの加藤茶(77)が14日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜後9・00)で、今年の「24時間テレビ」に出演した理由を明かしたようです

「24時間テレビ」では新型コロナウイルスによる肺炎で3月に死去した志村けんさん(享年70)のスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん―残してくれた最後のメッセージ―」を放送。また、加藤、仲本工事(79)高木ブー(87)のザ・ドリフターズが集結し、54年ぶりの復活ステージを披露。ビートルズの来日公演前座で演奏した「Long Tall Sally」で視聴者を魅了した。

出演を快諾した理由について「志村をフィーチャーしてやるということで、俺も一役買いたいなと」と話した加藤。だが、志村さんが亡くなってからしばらくは気持ちの整理がつかなかったという。「人生の中で泣いたことが2回あったかな。おふくろが亡くなった時と、志村が亡くなった時だね」と語った。

「一番の相方が亡くなるわけだからつらい。いつでも志村がいた。一緒にネタを考えたり、失敗すると一緒に酒を飲んだり。無二の親友、というか兄弟だよね。自分の中で志村がどれだけ大事だったんだろうという気持ちがある。8歳年下、俺より長生きして当たり前なのに、それが突然いなくなっちゃうんだもん。つらいよねえ」と志村さんへの思いを告白。

加藤はドリフターズの5人が長い間、良い関係で居続けられた秘けつについて「年が離れていて、離れていることがうまくいったんじゃないかな」と、同年代だと意見がぶつかったが、年が離れていたことで相手を尊重し合える関係だったと伝えた。
ラベル:加藤茶
posted by かーくん at 08:29| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

伊勢谷友介 DV

大麻取締法違反容疑で逮捕された伊勢谷友介容疑者(44)は、大麻をやめるように懇願した交際女性もフルボッコ≠ノしていた――。長年にわたる大麻使用歴が指摘されていることからも分かるように、依存度は深刻だったようだ。交際女性の中には、なんとか大麻をやめさせようとした女性もいたが、伊勢谷容疑者は耳を傾けるどころか顔面蹴り≠ナ一蹴していたという

 大麻の押収量が20・3グラム(約40回分)あったことから、常習性が高いとみられている伊勢谷容疑者。使用歴は10年とも20年ともいわれているが、芸能界からは「周りに誰か止める人間はいなかったのか?」と残念がる声も多い。

 歌手の和田アキ子は13日のTBS系「アッコにおまかせ!」で、伊勢谷容疑者に言及。以前から薬物の噂があったとされることに触れ「一緒にいた人が感じてたなら、注意しない? 普通」「周りが言うべきやけどな」と不思議がった。

 また、同日のTBS系「サンデー・ジャポン」では、長渕剛の長男でシンガーソングライターのWATARUが「誰か『ダメだろ!』って殴ってでも止めてくれるような、熱い友情がある身内関係者がいなかったのか」と首をひねった。

 伊勢谷容疑者の自宅に出入りするような親密な関係の人なら、確かに違法薬物使用を知らなかったとは考えにくい。その中にはやめるように説得しようとしていた交際女性もいたという。

「交際当時、モデルとして活動し、きちんと事務所にも所属していたA子さんです。伊勢谷は仕事先の仲間にも彼女を紹介するほどで、仲の良さは知られていた。感情の起伏があまりに激しく、DVを繰り返す伊勢谷の原因が薬物使用≠ニ疑って、彼女はやめるように懇願していました」(A子さんを知る芸能関係者)

 しかし、伊勢谷容疑者は恋人の懇願を拒否=Bそれどころか、日ごろから受けていた殴るなどのDVが過激になり、絶対服従の支配下に置くように。さらにある部分≠執拗に狙うようにもなっていったという。

「モデル出身の伊勢谷でなくても、絶対にダメだと分かるはずなんですが、顔≠狙うんです。しかも、手じゃなくて足で。何度も顔に蹴りを入れるんです。顔面が陥没骨折したこともあるほど激しかった。しかし、別れそうになると、泣きながら謝罪し、結婚まで匂わせる。ストーカー気質でした」(前同)

 DV後遺症で、事務所を退所し、モデルの仕事からも離れたA子さん。「A子さんが順調に芸能活動をしていたと思っていた親御さんは娘の変わり果てた姿に大激怒。裁判一歩手前までいきましたが、伊勢谷は慰謝料として数百万円を支払って交際関係を清算した」と前同。

 その手際の良さから「同じような被害者が多くいるのでは?」とささやかれたほどだった。

 本紙をはじめ、多くの媒体で報じられているように、伊勢谷容疑者は交際女性を的に見立て、エアガンを発射するといったDVを繰り返していたことも判明している。

「交際女性へのDVが、違法薬物によるものなのかは分かりません。ただ、結婚を匂わせながらDVを繰り返すのは最低の行為。ましてや伊勢谷容疑者のことを思って、ドラッグ断ちを懇願した恋人に卑劣な行為で服従させるなんて…許せない」(モデル仲間)

 パーティーやクラブなどで異様なテンションで騒ぐ姿が目撃され、以前から薬物疑惑を噂されていた伊勢谷容疑者。A子さんが止めた時がやめる最大のチャンスだったが、それもキックで吹き飛ばしてしまった。
posted by かーくん at 08:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

田中圭 小栗旬

田中圭が、11日放送の『ぴったんこカン・カン&中居正広の金スマ合体2時間SP』(TBS系)に出演。所属するトライストーン・エンタテイメントの先輩・小栗旬との秘話を明かした。

下積み時代は、小栗から売れていないことをイジられていたという田中。しかし「(自分のことを)考えてくれているのは分かっている」とも述べ、小栗の存在について「すげえイヤな兄貴って感じです」と表現し、笑った。

そんな小栗とは、以前までは「今の事務所を考える会」を2人で立ち上げ、風通しをより良くしようと、ひそかに話し合いを重ねていたと回顧。だがある時、小栗から「でも、俺ら若造の俳優が(事務所に)言っても分からない」と告げられたそう。さらには「これを気づかせるために、圭、お前(事務所を)出てけ!」「圭が出て行けば、さすがに事務所も気づくよ!」と説得されたという。

そんな暴挙を言い出した小栗に、田中は「やっぱ大好きだな、この人」と思ってしまったのだとか。そして、小栗が去るわけにはいかないと判断し、「いきますか、オレ?」と、勢いあまって宣言したと笑っていた
posted by かーくん at 08:36| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする