2020年09月27日

早乙女太一

俳優の早乙女太一(29)が26日までに自身のインスタグラムを更新。29歳を迎えた24日に、元妻でモデルの西山茉希(34)や2人の娘と過ごしたことを明かした。

 「2020.09.24 29 肉 happy」と、焼肉に行ったことを報告。6歳と4歳の娘を両脇に抱え、ダブルピースで笑顔を見せる写真をアップした。

 早乙女と西山は、6年間の夫婦生活を経て昨年離婚。それでも家族はつながっているようで、フォロワーからは「本当にいい関係なんですね」「素敵なパパ」「娘ちゃんたちも笑顔でうれしそう」などの声が寄せられた。
ラベル:早乙女太一
posted by かーくん at 08:44| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

買い物カゴの持ち去り

7月のレジ袋有料化からまもなく3カ月。

エコバッグを使った新たな買い物習慣も定着しつつある一方で、無料のポリ袋を大量に持ち帰ったり、エコバッグを使った万引きなどモラルを著しく欠いた行為が横行している

そして新たに問題となっているのが買い物カゴの持ち去り。その現場をFNNのカメラがとらえた。

スーパー副店長:
お客さま。このカゴはうちのですよ…

迷惑客:
いや。じゃあ返します

スーパー副店長:
返すのは当たり前ですよ(怒)これはうちのものなんです

迷惑客:
はい…

駐車場まで買い物カゴのまま持ち出す客が急増
取材班が訪れたのは多くの買い物でにぎわう埼玉のスーパーマルサン吉川店。レジ袋の有料化後にある変化が起きたという。

多くの客が袋に詰めることなく、黄色い買い物カゴのまま駐車場へと向かっていた。そして自分の車に買い物カゴから直接品物を移している。

取材班:
なぜ買い物カゴのまま駐車場へ?

買い物客:
エコバッグが足りなかったから買い物カゴに入れて…

このスーパーでは買い物カゴに「持ち出し禁止」と書かれてはいるが、駐車場など敷地内であれば買い物カゴやカートを持ち出しても問題ないというルール。

しかし指定のスペースにカゴを返却せず、そのまま車に積み込んで持ち去る迷惑行為が増加しているという。その驚きの数とは…

スーパーマルサン吉川店・齋藤元宏店長:
7月ひと月で100個以上なくなっています

レジ袋有料化が始まった7月、ひと月で100〜150個もの買い物カゴが持ち去られたという。

自宅から緑色の“マイカゴ”持参した常連客に聞いてみると…

取材班:
買い物カゴは盗まれやすいと思う?

マイカゴ持参の常連客:
マイバスケットを買っているから、その気持ちはわからないんですけど。店のカゴは黄色だし目立ちますから、そんなことはできないと思いますけどね

買い物カゴごと持ち去ろうとする迷惑客を直撃
そこへ、スーパーのスタッフが別の車に駆け寄る姿が…車では買い物客が何やら積み込んでいる。

スーパー副店長:
お客さま。このカゴはうちのですよ

迷惑客:
いや…そうです

男性客の車のトランクには店の買い物カゴが…黄色い買い物カゴは確かに夜でもよく目立つ。

スーパー副店長:
(一度トランクを)閉められましたよね?

迷惑客:
明日の朝一番で…

スーパー副店長:
いやいやいや。これをやると本当に万引き行為と同じなんですよ

店員の指摘に客は…

迷惑客:
じゃあ返しますよ

スーパー副店長:
返すのは当たり前ですよ。これはうちのものなんです

迷惑客:
はい…

ふてくされた様子で指定の場所に買い物カゴを返しに行く迷惑客。

スーパー副店長:
(トランクを)閉められたということは本当にそのまま行っちゃいますよね?

迷惑客:
あした持ってきます。いったん閉めたら泥棒なの?

スーパー副店長:
このまま帰られますよね。明日の朝返すって、それは商品でも同じことでしょう。許されないでしょう?

迷惑客:
明日持ってくるって…

スーパー副店長:
そんなの言い逃れですよ。ダメです。許されません

迷惑客:
じゃあ警察呼んでください

スーパー副店長:
呼びますか?じゃあ。いいですか?

スーパー副店長:
ねえ お客さん。ちょっと反省してくださいよ、よく…

迷惑客:
わかりました…

スーパー副店長:
わかりました?

迷惑客:
はい…

レイ法律事務所の河西邦剛弁護士に聞くと、こうしたカゴの持ち去り行為は窃盗罪として10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる可能性があるという。

新たな買い物様式が定着する一方でモラルの向上も求められている。

(Live News it! 9月25日放送より)
posted by かーくん at 09:46| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

SHELLY 日本の性教育

SHELLY

 「日本は性に対してタブー視している部分が大きすぎる」そう日本の性教育に警鐘を鳴らす女性がいる。快活なキャラクターと嫌味のないストレートな物言いで人気のタレント・SHELLYだ。2016年1月に第一子を、今年1月には第二子を出産。二人の娘の母でもある彼女は、なぜか日本では表立って話しにくい“生理”についても疑問を感じている。彼女が子供たちだけではなく大人にも訴えたいこととは。


SHELLY

――SHELLYさんはこれまでも性教育について様々なお話をされていますね。日本の性教育で違和感を感じるところはどういったとこにあるのでしょうか。

SHELLY:日本は性に対してタブー視している部分が大きすぎますよね。例えば生理についていえば、生理は性とは関係ないんです。女として生まれたら勝手にやってきて勝手にずっと続くもの。セックスや出産とも関係なく、本人の意思とも関係なく、自然にやってくるんです。それについての教育がしっかりしていないのは、ハッキリ言って人権問題。もっと言うと、なんで生理用品の税金を払わないといけないの? ピルを病院で処方してもらわないといけないの? 生理用品にはなんでナプキンとタンポンしかないの? と、たくさんおかしな点があるんです。そもそも生理用品を隠して使うような文化も気持ち悪くないですか?

――ナプキンを隠して持つというのは、女性であれば誰でも経験がありますよね。でも、考えてみると、悪いことをしているわけじゃないのに不思議ですよね。

SHELLY:そもそも母親から恥ずかしいものだと、人に見せるようなものではないと伝えられている人が多いと思います。私自身は、自分の娘にはちゃんとした知識を持ってもらいたいですし、生理の話をしたときに恥ずかしいような反応をする人がいると疑問に思います。

――小さいころから正しい性教育を受けていれば、多くの女性が楽になっていたような気がします。

SHELLY:生理のことに関して教えないということは、人生の中で大変な課題を与えてることになります。ピルを使えばこんなに楽になるんだよって、誰も教えてくれない。しかも、日本にはピルしかない。海外だとIUD(※)がありますが、日本ではそれも結婚して子供を産んだ人しか使えない。独身の人には入れてくれないんです。なんで医者が決めるの、国が決めるのって思いませんか? 私の体は私のもので、私が生きやすくなるためのツールがこんなにあるのに、認められていないというのは大きな問題です。

(※ Intrauterine deviceの略で、避妊の目的で子宮内に装着する小さな器具)

――私は大人になってから体調管理の問題でピルを使うようになりました。でも学生のときは知識もなかったし、使っていても親に隠していたと思います。

SHELLY:もっと言うと、避妊の目的で使ってもいいじゃんって思うんです。避妊で使っていても何も悪くないし恥ずかしくない。女性だけがセックスすることについて恥ずかしがらないといけないような状況がおかしい。私は、18歳から飲んでいます。ピルの情報もどこかで学ぶ機会が必要だと思います。

SHELLY

――さきほど、お子さんのお話がありましたが、SHELLYさんは、2歳と4歳のお子さんがいらっしゃいます。これから思春期、多感な時期、恋人ができるなど、さまざまな成長過程を迎えるにあたって、性についてはどういう距離間で接していきたいと考えますか。

SHELLY:生理に関してならば、すでに説明しています。生々しい話で申し訳ないですが、一緒にお風呂場に入ったときに見ることもありますし。「大人になると月に一回あるんだよ」と2歳と4歳に話して聞かせています。いずれその日が来たら、「どうぞお使いください。いろいろありますよ」と詳しく教えてあげたいですね。

――お母さんが話してくれるというのは子供にとってとてもありがたいことですよね。これが、お父さんになるともっと難しいように感じます。

SHELLY:子供たちの父親にも話をしています。子供たちが生理になって「仕事帰りにタンポン買ってきて」と頼まれたら「いいよ、わかった」って言える人になってほしいって。もし私が男の子を生んでいても、同じように生理の話をしていました。いずれ女の子を大事にする日が来たときに知っておくべきことですよね。男の人にとっても、女性という生き物と生きていく中で必要な情報なんです。

――SHELLYさんご自身が育った環境はいかがでしたか。

SHELLY:私は女三人兄弟なんですけど、父親に生理用品買ってきては絶対に言えなかったですね。長女が子供を産んで赤ちゃんに母乳をあげているときに、恥ずかしがるような父親だったんです。ただ、それを姉たちが変えてくれました。だんだん父親も進化して、感覚のアップデートができたんです。60代のお父さんでもできるわけですから、親世代の人たちもしていくべきです。

――どんな世代でも意識は変えられるということですね。

SHELLY:寄り添いながら、理由を伝えて、時代の変化を伝えていけば、上の世代も変わると思います。
posted by かーくん at 08:17| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする