2020年02月19日

手越祐也

今、とある「部屋の写真」がネット上を騒がせている。その部屋の主と目されているのが、ジャニーズきってのチャラ男・手越祐也だ

 2月14日ごろ、インスタグラムのストーリーズにアップされたと思しき動画をキャプチャしたその画像は瞬く間に「手越の家に行ったキャバ嬢がアップした」ものとしてSNSで拡散され、ファンによる特定作業が始まった。

 “部屋のマット”、“『笑っていいとも!』のテレフォンショッキング出演時のネームプレート”などが、過去に彼がテレビの企画で『お部屋公開』したときの映像と照らし合わされることに。なかには彼が好きだというサッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシとのツーショット写真が壁に飾れていたり、手越がかつてポーチを持っていた“そらジロー”のぬいぐるみなども発見された。

 真相はわからないが、3月からはじまるNEWSのツアー直前ということもあり、このトピックは広く拡散されることとなった。

滝沢秀明副社長の“鋭い眼光”
 手越といえば、芸能人、一般人を問わず女性とのスキャンダルをコンスタントに報じられてきたわけだが、ベッド写真やキス写真などの決定的証拠を押さえられてきたにも関わらず、不問にされてきた“経緯”がある。

「週刊誌の直撃取材に堂々とコメントしたり、テレビでも“チャラさ”を押し出したりと、手越さんはジャニーズタレントのなかでも異色のキャラクター。

 '17年には金塊強奪事件の犯人との同席写真が発覚し、それが報じられましたが、“面識がなかった”で通してお咎めなし。その背景には、当時の副社長であるメリー喜多川さんのお気に入りだったことも影響しているんです」(芸能プロ関係者)

 実際に、'13年に『週刊文春』に元SKE48のアイドルとの“泥酔キス現場写真”が掲載されたときにメリー氏は『文春』の取材に応じ、《手越もバカ! 私も叱りましたし、彼も反省しています》とわざわざコメントを出している。

 そんな上層部の寵愛を受けてきた手越だが、ここ最近は女性スキャンダルが以前よりも少なくなっていた。'20年2月からはeスポーツ普及のためのアンバサダーに就任し、ジャニーズ初となるゲーム実況に挑戦するという。最近は夜遊びも控えているようで、『週刊女性』('19年11月5日号)には《最近はゲームを通じて知り合った人たちと一緒に遊んでいる》ことを報じられるなど、“夜の帝王”がなりを潜めているようにも見える。

「昨年にジャニーさんが亡くなってから、事務所は新体制を敷いています。滝沢秀明さんが副社長、および傘下のジャニーズアイランド社長に就任してから、所属タレントの風紀の乱れについては、厳しく対処するようになりました。現に、昨年末にジャニーズJr.のグループ・MADEのメンバー秋山大河が神田沙也加との不倫疑惑が報じられたことで、今年の1月、グループの解散と秋山の退所が発表されたばかりです」(週刊誌記者)

 今回の「自宅写真流出」を事務所はどう捉えているのだろうか。

「手越さんはここ最近の事務所の締め付けの厳しさに辟易しているそうです。先日、流出したのが自宅の写真だったということも、“外だとバレるから家で”という考えだったのでしょう。本人も部屋の写真を出されてしまうのは想定外だったはず。今回は手越さんがうつっていない“グレーな一件”だったということもあり、事務所として特に大きな処分を下すことはないと聞きます」(前出・芸能プロ関係者)

 ゲーム三昧の暮らしのかたわら、“チャラさ”は健在だったようだが、もう少し相手を選んでほしいものだ。
ラベル:手越祐也
posted by かーくん at 10:22| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

藤田ニコル

モデル・藤田ニコル(21)の1st写真集「藤田ニコル写真集 好きになるよ?」(22日発売、講談社)が、発売前に重版が決定したことが16日、分かったようです


昨年12月22日に予約が開始されると、通販大手「Amazon」のタレント写真集ランキングで1位を獲得するなど、注文が殺到。藤田が「ここまでやるのは最初で最後」と覚悟を決め、手ブラショットなど過去最大露出に挑んだことで注目を集めている。
ラベル:藤田ニコル
posted by かーくん at 11:55| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

ライバー

ライバー、リスナー、投げ銭……今ライブ配信アプリで人気YouTuberのように活躍する“ライバー”が注目を集めている。投げ銭は、ライバーがリスナーから受け取ったポイントを現金に還元できる機能のことで、運営が取り決めた配分で配信者に渡される。

 元HKT48メンバーの冨吉明日香さんは、現在“ライバー”(=生放送動画の配信者)としても活躍中。ライバーとしての稼ぎは、照れながら「(最も低かった月でも)50万円くらいはあった」と告白。それでも「まだアプリ内ではトップライバーじゃない。もっとすごい人たちがいます」という。

 一方、芸能活動の傍ら、ほぼ毎日ライブ配信を行っている菅明日香さんは、始めたばかりの頃はリスナーも少なく「過疎ってる感じだった」と回想。しかし、それでも「(1カ月で)10万円いかないぐらい」は稼げたという。イベントなどに積極的に参加し、最も頑張った月は50万円程度稼ぐことができ、ライバー活動だけで食べていける可能性を示唆。

 しかし、菅さんは人気ライバーとなった現在でも、芸能界で活躍することを目指し続けている。芸能界の報酬感を知っている番組MCのSHELLYは「芸能活動がバカらしくならないのか」と疑問。

 菅さんは「ライバーで終わるのではなく、ライバーを切り口にしてそこからもっと羽ばたきたい」と語り、報酬額に関わらず「芸能活動は続けていきたい」と話した。

 菅さんは毎日2時間程度をライブ配信に費やしており、友人と遊ぶ日でも、配信予定がある夜は自宅に帰る。配信アプリ内のイベントに勝ちたいときは、4時間ほど配信する日もある。

 働くアラサー女性のための情報サイト『ウートピ』編集長の鈴木円香さんは「毎日2時間があれば、もっとさまざまなことに費やせるのではないか?」と指摘。菅さんは通常のアルバイトよりも時間効率よく稼げている上に「ライブ配信を毎日続けることも努力の形のひとつ」とした。

 一方で、今回のゲストのひとりであるちゃきさんは投げ銭機能がないInstagramでライブ配信を続けている。ちゃきさんはアパレル店員をしながらファッション情報やアドバイスをライブ配信しており、あわせてYouTubeやTik Tokへの動画投稿も行っている。幅広い年齢のユーザーとコミュニケーションを取りたいため、複数のSNSを利用しているそうだ。

「もしも配信アプリがサービス終了した場合、リスナー(=聞き手)との繋がりが消えてしまうのではないか」と質問されると、OLライバー・宮下ゆりかさんはこれを否定。「私はリアルで“オフ会”をやって(リスナーと)けっこう会います。個別にみんなと連絡が取れるので、すごい濃いコミュニティができている」と明かし、リスナーと会うときは1対1ではなく、複数名で集まる形式を採っているという。

 「リスナーからストーカーされないか」と、私生活へのトラブル発生を危惧する声に、宮下さんは「ある」と実情を告白。自宅や居住・行動エリアなど「特定に繋がるような情報は、たとえ会話であっても出さないように気をつけている」とした上で、知り合いのライバーがストーカー被害に遭ったり、住所を公開していないのに手紙が送られてきたりしたケースを紹介。今後どのようにライバーを守っていくかが課題だとした。
ラベル:ライバー
posted by かーくん at 09:47| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする