2020年02月22日

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、日本感染症学会と日本環境感染学会は21日、市民向けの注意点を発表した。1週間以内に症状が軽快しそうな場合は、自宅で安静にして、家族にうつさないようにマスクをつけ、こまめに手洗いと手指の消毒をするよう呼びかけている

 糖尿病や心不全の患者、透析を受けている人、抗がん剤や免疫抑制剤を使っている人、高齢者は、感染すると重症化しやすいとされる。両学会は、こうした人は多くの人が集まる場所に行くことは控え、毎日、朝と夕方に体温測定するよう求めた。また、病院や介護施設は高齢者らが多いため、ウイルスの持ち込みに注意が必要だと指摘。病院や施設での面会は控えるよう求めている。

 市民が注意すべきこととして▽電車やバスでつり革や手すりなどを触ったら、鼻や口、目などを触らない▽会社や学校、自宅に着いてから手洗いをしっかりする▽時差通勤やテレワークを活用する▽37・5度以上の発熱やせき、倦怠(けんたい)感があるときは会社や学校はなるべく休んで自宅で安静にし、マスクをつける、などを挙げた。

 風邪やインフルエンザなら、3〜4日たつと改善傾向がみられるが、新型ウイルスは症状が長引く特徴があると指摘。4日たっても発熱が続き、息が苦しい、呼吸器症状が悪化しているときは肺炎が疑われるため、すぐに帰国者・接触者相談センターに相談するよう求めた
posted by かーくん at 09:54| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

平野紫耀 山下智久

まるで要塞のように高い生垣に囲まれた超高級マンションに、一台の車が吸い込まれていく。重厚な門構えのメインゲートを抜けてまたしばらく走り、車寄せに停車。マスク姿のひとりの男性が降車すると、足早にマンション内に消えていく

 都内、閑静な住宅街の一角にこのマンションは建っている。室内の平均面積は200平方メートル超。平均家賃も150万円を超え、最上級グレードの家賃は500万円オーバーと、都心の中でもまさに「超」がつく“豪邸”。外国人経営者をはじめ、有名企業の社長や大物俳優など住民の顔ぶれも華やかで、エントランスには入れ替わり立ち替わり高級外車が出入りする。住民が言う。

「有名人を見ても騒ぐ人はいませんし、正直見慣れていますね(笑い)。ただ、彼は住民の中でも特別若いので驚きました。初めは名前を知らなかったのですが、本当にオーラがあるんですよね。すごく目立つんです。いま一番人気キンプリの平野くんと知って納得しました」

 King & Prince(通称キンプリ)の平野紫耀(23才)がこのマンションに引っ越してきたのは3か月ほど前のことだ。

「デビュー前の2015年に出身の名古屋から上京してきましたが、その間10回ほど自宅がかわっている、かなりの“引っ越し魔”です。ここ最近“尊敬する先輩のようになりたい”ということもあったようで、かつては松本潤さん(36才)が住んでいたマンションに住んでいました」(平野の知人)

 ときを同じくした2018年、平野は人気ドラマ『花より男子』(TBS系・松潤主演)の続編『花のち晴れ〜花男Next Season〜』に出演。ドラマの主題歌でキンプリのデビュー曲となった『シンデレラガール』も80万枚を売り上げるなど一気にトップアーティストへの道を歩みはじめた。

「今回の引っ越しは平野くんなりに大きな決意があったようです。さらにセキュリティー万全な住まいをという周囲のアドバイスもあったようですが、実はこの“豪邸マンション”にはジャニーズ事務所の先輩、山下智久さん(34才)も住んでいるんです。平野さんは小学生の時から山下さんファンを公言して、彼の背中をずっと追いかけてきた。

 その山下さんと同じマンションで生活したいというのは夢でもあったはず。そんな平野くんに山下さんも目をかけてきた。今回“一つ屋根の下”で暮らすことになり、さらにグッと距離が近くなったようです。自宅を行き来したり、食事をすることも増えたとか。芸能界の中には平野くんをかわいがりたい先輩陣は多いので、ヤキモチを焼く人もいるほどです」(前出・平野の知人)

※女性セブン2020年3月5日号
posted by かーくん at 10:23| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

石橋貴明

「以前から番組打ち切りが検討されていましたが、昨年末、石橋さんがフジテレビ上層部に“まだまだ面白いことができるから『たいむとんねる』は続けさせてほしい”と直談判したようです。とんねるず、そして妻の鈴木保奈美さん(53)も所属する芸能事務所の社長でもある石橋さんはテレビのレギュラー番組が消滅することを危惧していたようです。しかし、6月末で終了する方向で話が進んでいます」(テレビ局関係者)

石橋貴明(58)の現在の唯一のレギュラー番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が今夏で打ち切られるという。妻・鈴木保奈美が4月からドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)の続編にも出演予定など、精力的な女優業とは対照的だ。『石橋貴明のたいむとんねる』は'18年4月に始まった。

「もともと30年続いた人気番組『みなさんのおかげでした』終了で功労者の石橋さんへ“後番組”として用意された枠でした当初は“大人のノスタルジー”をコンセプトにバブル期の流行などを取り上げてきましたが、視聴率は2%台にまで低下したことも。番組開始当時からのレギュラーだったミッツ・マングローブ(44)が昨年4月から登場しなくなったのは、制作費削減の一環ともいわれています」(別のテレビ局関係者)

やはり石橋の高額なギャラが、大きなネックになっていたという。

「フジテレビの黄金期を支えた石橋さんの最盛期の出演料は最低1本500万円でした。今回こそ1本100万円でしたが、それでも23時台では突出して高い。バナナマンさん、千鳥さんなど人気のMCですら30万円前後ですから。昨年6月にフジテレビの社長が交代したことも大きかったですね」(制作関係者)

フジテレビ関係者もこう語る。

「遠藤龍之介社長は『フジが不調になった原因は保守性、おごり』と公言。抜本的な見直しに着手していて、その一つが『たいむとんねる』なんです。制作費がかかり、内容的にDVD化もできない番組なら続けるべきではない、という考え方なんです」

同局広報宣伝室に番組打ち切りについて聞くも「お答えすることはありません」という返答だった。今も石橋は、テレビに強いこだわりを持っているという。

「石橋さんは'80年の『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)でデビュー以後、40年間、ほとんどレギュラー番組を欠かさなかった“テレビの申し子”のような存在です。テレビ離れが加速しても、『スマホやネットには負けない。まだまだ面白いことができる!』と各局へ新企画を売り込んでいるといいます。高齢化する視聴者層に合う企画を“初心に帰って”練っているそうです」(前出・制作関係者)

「レギュラーゼロ」の屈辱を“新番組”で晴らしたい石橋。その思いは届くのか――。

「女性自身」2020年3月3日号 掲載
ラベル:石橋貴明
posted by かーくん at 08:51| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする