2019年12月13日

ARASHI's Diary -Voyage-

嵐のドキュメンタリーシリーズ「ARASHI's Diary -Voyage-」が、12月31日(火)17:00より約1年間にわたりNetflixで独占配信されるようです

「ARASHI's Diary -Voyage-」は2020年12月31日の嵐の活動休止までを追うオリジナル番組。過去のアーカイブ映像や現在の映像などを通じ、メンバーそれぞれの心境や休止までの活動に懸ける思いが描かれる。この番組は28の言語の字幕付きで、世界190カ国に同時配信される。

松本潤は番組について「僕自身、どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています」とコメント。また全世界配信に向け「今まで僕らを知らなかった方にも、『日本にはこんなエンターテインメントがあったんだ』と興味を持ってもらい、日本の文化や人間性に触れてもらうきっかけになったら嬉しいです」と語っている。

「ARASHI's Diary -Voyage-」は12月31日より約1年間、毎月配信予定。YouTubeでは予告映像が公開されている。

■ 松本潤(嵐)コメント
20年活動してきた僕らが、2020年末で活動休止するのは何故か。
そして、僕らがその時「何を思い、何をしたか」その瞬間を一年間、伝えていきたいと思います。
僕自身、どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています。
Netflixと組むことで世界190カ国、28の言語の字幕付きの配信が実現しました。
今まで僕らを知らなかった方にも、「日本にはこんなエンターテインメントがあったんだ」と興味を持ってもらい、日本の文化や人間性に触れてもらうきっかけになったら嬉しいです。

■ Netflix コンテンツ・アクイジション部門 坂本和隆ディレクター コメント
日本を代表するアーティストである嵐。彼らを応援する国内外のファンへの想い、また誰も観たことのない一面までもを映し出したドキュメンタリーシリーズとして、Netflixメンバーへお届けできることを大変嬉しく思います。
Netflixは嵐の活動休止までの旅路をともに歩み、2020年12月までの一年間、この作品を皆さまに観ていただけることを楽しみにしております。
posted by かーくん at 09:38| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

氷川きよし

デビューから20年目の今年、“演歌の貴公子”氷川きよし(42)があらたな一面を覗かせている。ムダ毛のない生足を始球式で披露したり、ウェディングドレス風の姿をSNSにアップしたり……。フェミニンな魅力を振りまく氷川が、初めてその胸中を明かしたそうです

「(容姿が変わってきたことについて)ええ、よく言われます。キレイと言われるのは嬉しいけど、逆にブスって言われるのはつらい。性格ブスにもなりたくないから――」

 週刊新潮の直撃取材に答えるかたちで、自身の思いを語りだす氷川。これまで築いてきた歌手像を変貌させたワケについて「デビューして20年経ったことが大きい」という。

「みんなが求める『氷川きよし』に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち。そもそも演歌というのは様式美、つまり、こうあるべきという型がある。日本独特の素晴らしい音楽だけれど、その中に収まらない『自分の性分』というものもあって――」

 昨年からは、同じ九州の出身で、やはり中性的なキャラクターの美輪明宏の『ヨイトマケの唄』もカバーしている。

「でも、世間が求める『氷川きよし』の姿とは違う。あくまで『演歌の王道』を歩んで欲しい、男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」

 胸に秘めたる「生きづらさ」からの脱皮を明かす氷川。12月12日発売の週刊新潮では、幼少期のイジメ体験や、表現方法をめぐる所属事務所との軋轢の噂についても語った。

「週刊新潮」2019年12月19日号 掲載
ラベル:氷川きよし
posted by かーくん at 09:51| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

森咲智美

世の中にあふれるさまざまなアンケート調査や統計で「王道の選択」をしなかった異色の経歴の持ち主を“その他さん”と称し、その生き様を追う人物調査バラエティー『その他の人に会ってみた』(TBS)の10日深夜放送回に、日本一エロすぎるグラビアアイドル森咲智美が出演したようです

今回は様々な“インスタグラマー”の“その他”さんを紹介。その中で、MCの東野幸治が夢中になっているインスタグラマーとして森咲が登場した。密着ロケの待ち合わせ場所にスタッフが行くと、胸元がぱっくり開き、Gカップがぱふぱふしているエロニット姿であいさつ。ワイプで東野が「この人すごいよね」とゲストのいとうあさこや平成ノブシコブシ吉村に確認。

宿泊先のホテルでインスタ撮りをするということで、付いていくと、黒のビキニ姿でベッドイン。東野は「君!さっきから何やってんだ!そこはビジネスマンが休息する場所だぞ!」と興奮気味に抗議するが、森咲は「出てたら言ってくださいね♡」と見えてはイケない部分のチェックをスタッフにゆだね、際どい寝姿で自画撮りをスタート。窓際に手をついてお尻を突き出した写真などを撮ったりするシーンを紹介。森咲のインスタには、机の上で女豹ポーズでノーブラなどの超セクシーインスタが満載。現在フォロワーが200万人を超え、その写真は「エロスタグラム」と呼ばれている。「フォローしちゃったよ俺」と宣言する東野から、なぜここまで過激な写真を上げるのか質問が。

森咲は「私、結構下積み時代が長いというか、元々ご当地アイドルを6年間やっていた」と告白すると、フォロワーの東野は「うそやん!」と目を見開く。グループを卒業し、一念発起して3年前に上京した時には、すでに25歳。そこで考えたのがSNSだった。森咲の“エロスタ”はセクシーだけでなく妄想もキーワードとなっており、「#これがこう」を付けて、服を着て食事をしている写真をスライドすると、着衣が乱れた写真や、ベッドでのセクシーショットが観られるという“ビフォーアフター”的なテクニックで人気だ。これには吉村も「これがね、すばらしい!2枚セットになってるんだよ」と絶賛していた。

東野は「今頑張らなアカン時期やからめちゃめちゃやんのよあの子。セクシーなんも良いけど、実際に動く生の彼女みたら、苦労が声に出てるって話になって、歌えない歌スナックで歌ったんやろな」とこちらも妄想が止まらなかった。そんな東野に森咲からエロスタのプレゼントが。衣装はほぼ紐みたいなショッキングピンクの変形水着。スタッフが撮っていたのを観て「おーーーい!!猫背!猫背!」と猛ツッコミを発動したが、その写真は「あ、ちょっと乳首出ちゃってます♡」と、修正入りのギリギリショットだった。

上京して3年、昨年は「グラビア・オブ・ザ・イヤー」グランプリを獲得し、グラビアの頂点に立った森咲。その苦労が報われ、さらに大きくなっていく森咲をこれからもじっと見つめていきたいし、変わらず応援していきたい。
ラベル:森咲智美
posted by かーくん at 10:44| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする