2019年12月22日

赤西仁 錦戸亮

ハワイ・オアフ島のカピオラニ公園にある「トム・モファット・ワイキキ・シェル」。貝殻をかたどったこの屋外ステージは、輝く太陽や、満天の星空の下で音楽に酔いしれることができるハワイならではのライブ会場だ。2000年に安室奈美恵さん(42才)もライブを開催したこの会場に、あの2人が立とうとしているようです

 2019年12月6日、赤西仁(35才)と錦戸亮(35才)は共同プロジェクト「N/A」を立ち上げたことをSNSで報告。すると、赤西のツイートには7万人近いファンからの「いいね」が押された。また、錦戸ファンが「亮ちゃんをよろしくね!」と赤西にお願いするなど、双方のファンは盛り上がりを見せている。

 2020年5月24日に、初ライブを開催することも発表した。その会場が、件のハワイを代表する会場である。

「N/A」のホームページにはハワイライブ以外の具体的な活動はまだ記載されていないが、コラボ活動は活性化されていくとみられる。

「一方、2019年10月に独立してすぐに赤西さんとタッグを組んだ錦戸さんに、業界内からは批判の声も上がっています。そのため、テレビやCMでの露出は少なくなっていきそうです」(芸能関係者)

 独立して風向きが怪しいかと思いきや、2人とも順風満帆のようだ。赤西は、ファンクラブ運営にも力を入れ、その年会費だけで1億円近く稼いでいるといわれる。

 1stソロアルバム『NOMAD』が初週7.6万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング1位を獲得した錦戸も、同様に基盤を確保しているようだ。

「2019年11月にファンがツイッターで“私のファンクラブ会員番号がもうすぐ5万!”と明かしたので、会員数は5万人に達しているという声もあります。年会費は5000円なので、2019年10月の独立以来、それだけで2億5000万円もの収入があるということになります」(音楽業界関係者)

 日本ではなく、あえてハワイでライブを開催することも理由があるという。

「プレミア感というのももちろんありますが、収入面も考えてのことでしょう。ハワイライブのオフィシャル限定ツアーは3泊5日で20万円ほどですが、若い世代ではなく、すぐにお金を用意できる層を狙っているのかもしれません。

 それに、ハワイの雰囲気があるだけで豪華なセットや音響を用いることなく最高のステージに仕上げることができます」(前出・音楽業界関係者)

「トム・モファット・ワイキキ・シェル」は、アリーナ席と芝生エリア合わせて8000人の集客が可能だという。

「会場の使用料はイベントのチケット売り上げによって変わり、約1500万円以上の場合、売り上げの5%となります。チケット代が一律1万円で8000人を集客したと仮定すると、売り上げは8000万円で、使用料は400万円ほど。それに、コラボグッズの販売もあるでしょうから、大きな利益が見込めることでしょう」(会場関係者)

 2人のコラボが、莫大な収益を生んでいく。

※女性セブン2020年1月2・9日号
posted by かーくん at 10:57| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

GACKT

歌手・GACKT(46)が、このほど都内で、来年1月にスタートするソロデビュー20周年記念ツアーのPR取材会を開き、奔放トークを展開したようです

 今年は主演のコメディー映画「翔んで埼玉」で話題を集めたが、「監督の要望で『シリアスに演じてる内容が、くだらないのが面白い』というのがありましたが、20周年ライブもそれに近い。本気でふざけたことをシリアスにやろうと思ってます」とニヤリ。『GACKTの無駄遣い始めました』がテーマのメモリアルステージで、ファニーを追求するという。「若い時ってカッコイイ自分でいたい欲があるけど、年を取ると余裕が出てくる」と“三枚目”を宣言した。

 年明けには、恒例となっているテレビ朝日系「芸能人格付けチェック!」(1月1日、後5・00)への出演が控える。2009年から個人58連勝中という無類の“審美眼”を誇るが、「正直に言わせていただくと、やめたいです。ストレスでしかない」と爆弾発言。「勉強してるんですよ。盆栽協会からも資料が届いたので、いろいろ調べました」と陰の努力を打ち明けた。

 今回のスポーツ紙による取材会は自身初といい、「クスリをやった後、皆さんに追いかけられるのかな…やってないですけど!!」。沢尻エリカ被告(33)ら芸能界に薬物事件が続く中、超ド級のブラックジョークも飛ばしていた。
ラベル:Gackt
posted by かーくん at 10:46| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

沢尻エリカ

11月16日に合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ(33)。12月6日に保釈されて以降、公の場に姿を現してはいない

そんななか、薬物依存からの脱却を目指して都内の病院へと入院した沢尻。選んだのは超VIPな病院だった。

「特別個室も用意されており、高級ホテルのスイートルームのような豪華さだそうです。その分、費用も高め。1泊20万円以上かかるといわれています。薬物治療の入院は、通常2カ月以上かかるともいわれています。総額1千万円は超えることになるでしょう」(芸能関係者)

事件による損害賠償額が20億円ともいわれている沢尻。さらに高額な入院費用がかかるとあって、最近は転院を計画しているという。

「場所は、関東近郊にある心療内科専門の病院。プライバシー保護が徹底されていることから政治家や芸能人に人気で、最近だと元TOKIOの山口達也さん(47)も静養していました。ここの施設も超豪華で、トレーニングルームやスパが完備。さらにはアロママッサージなども受けられるそうです。にもかかわらず、費用は1泊1万円程度。長期療養も視野に入れているため、治療計画の見直しを考えていると聞きました」(前出・芸能関係者)

12月13日、所属事務所は沢尻の現在についてこう発表した。

《家族や弊社も支援しながら、日々更生に向けて医師の皆様の指導を受けて真摯に努力しております》

治療を受けることで、沢尻は支えてくれる家族に笑顔を取り戻すことができるのだろうか――。

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載
posted by かーくん at 08:32| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする